トップページへ / おすすめサイト
【ヒット商品】エヴァンゲリオン総合案内所
【エヴァンゲリオンとは】
『新世紀エヴァンゲリオン』(Neon Genesis EVANGELION)は、1995年10月4日から1996年3月27日にかけて全26話がテレビ東京系列(TXN)で放送されました。略称は、「エヴァンゲリオン」「エヴァ」「EVA」。原作はGAINAX。監督は庵野秀明。
【エヴァンゲリオンのストーリー】
エヴァンゲリオンのストーリーの詳細は、こちら
----------【広告】----------

----------【広告】----------
  • 時は2015年。15年前の2000年9月13日に起こった大災害・セカンドインパクトで総人口の半数近くを失った人類は、使徒と呼ばれる新たな脅威にさらされていました。
  • 国連直属の非公開組織である特務機関NERV(ネルフ)は、汎用人型決戦兵器の人造人間エヴァンゲリオン (EVA) を極秘に開発し、予測されていた使徒の襲来に備えていました。そのパイロットに選ばれたのは、わずか14歳の少年少女たちでした。
  • 主人公である「碇シンジ」は、他人との接触を好まない内向的な少年だが、ネルフの総司令である父親ゲンドウによって、EVA初号機のパイロットに突如選任されます。こうしてシンジらEVAのパイロットたちは、世界の命運を託され、命をかけて戦う過酷な状況に追い込まれます。
  • セカンドインパクトの真相や襲来する使徒の正体、そして秘密裏に進められる「人類補完計画」など数多くの謎と共に、主人公シンジの痛みや苦しみを織り交ぜながら物語は進んでいきます。
【エヴァンゲリオンの仕掛け人】
  • エヴァンゲリオンの仕掛け人は、「庵野秀明」氏。
  • 幼い頃よりアニメや特撮、そして大規模建造物等に夢中でよく絵を描いていました。漫画少年でもあり、中学の頃は特に少女漫画を大量に読んでいました。
  • 高校卒業後は就職せず遊んでばかりいたので親に心配され一浪後、当時、学科試験の無かった大阪芸術大学に入学。実技試験については、宮崎駿等の絵コンテ等を見て勉強しました。
  • 上京後『風の谷のナウシカ』、『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』、『王立宇宙軍?オネアミスの翼』等の商業作品に参加し、メカや爆発シーン等のエフェクトアニメーションを手がけました。劇場版マクロス参加後、東京から原付で帰阪しようとしたが果たせませんでした。
  • TVシリーズ後半、特に最終回とその前の展開についてパソコン通信上で議論が繰り広げられ、批判もあったのだが、庵野は、パソコン通信にハマる人たちは『現実に帰れ』と述べています。またTV放映後から劇場版公開頃の『エヴァ』ブーム当時、インターネット上のチャットや電子掲示板において巻き起こった同作の論争について、庵野は「便所の落書き」と述べています。
 
【豆知識】
  1. 貞本義行による同名の漫画も、テレビ放送に先立つ1994年12月より角川書店の漫画誌上で連載されています。この漫画はアニメの原作ではなく、TVアニメシリーズと劇場版シリーズを元にしたコミカライズ作品。
  2. 時代設定がまじかに迫り、やや焦燥感が感じられます。
  3. 主題歌の質が異常に高いです。
  4. 本作品は新聞や一般言論誌、思想誌、ワイドショー番組や『ザ・スクープ』のような報道ドキュメンタリー番組等、普段アニメを題材とすることは少ないメディアでも取り扱われ、宮台真司や宮崎哲弥、東浩紀などの評論家によって、社会的影響力の検証が行われました。
  5. 2006年には文化庁メディア芸術祭の10周年記念企画として行われたアンケート企画「日本のメディア芸術100選」のアニメーション部門で第1位に選出されました。

----------【広告】----------

----------【広告】----------
【厳選リンク】
エヴァFAQまとめ 様々な質問に回答を載せている。

スポンサードリンク
ウィキペディア要らずの1p(ワンピー) Copyright (C) 2013. SUZ45. All Rights Reserved. お問い合わせ