1p

トップ > 大臣でも分かるホームページの作り方 > 大臣でも分かるCSSのまとめ

大臣でも分かるCSSのまとめ

ここまで、HTMLとCSSについて、解説してきました。お疲れ様でした。「上手くできなかったなぁ」と言う方もいらっしゃると思います。一応、今までの説明を反映したファイルを作りましたので、必要なら、ダウンロードして見てください。

以下の「ダウンロード」を押すと、「許可画面」が出ますので、「許可」してください。すると、ファイルが、ダウンロードされます。どこにダウンロードされるかは、お使いのブラウザによって違うので、探してみてください。

最終HTMLファイル

hp02(UTF-8版)のダウンロード

最終CSSファイル

hp02.css(UTF-8版)のダウンロード

CSSが上手く行かない場合

閲覧履歴の削除

CSSファイルを書き換えて、更新しても、CSSの変更が、反映されないことがあります。その場合には、「閲覧履歴」の削除を行いましょう。削除するのは、「1時間」くらいで良いでしょう。

検証

  1. ブラウザには、HTMLとCSSを検証する機能があります。作ったホームページを開いて、右クリックします。
  2. 「Chrome」の場合には「検証」、「Safari」の場合には「要素の詳細を表示」を選択します。
  3. 画面左下に「HTMLファイル」、右下に「CSSファイル」が、表示されます。そして、ミスがないか検証します。画面右下の「CSSファイル」の中に取り消し線があるものは、消してしまうか、書き直しましょう。

タイプミス

タイプミスも、否定できません。

豆知識



前へ  目次  次へ

免責事項・著作権表示

情報が古かったり、間違っていることなどによる損害の責任は負いかねますので、ご了承ください。

Copyright (C) SUZ45. All Rights Reserved.