トップページへ / おすすめサイト
IoTのM2Mの違い総合案内所
【IoTのM2Mの違い】
IoTとは何かのまとめの詳細は、こちら
----------【広告】----------

----------【広告】----------
  • 「M2Mとは」・・・「M2M」とは、「Machine to Machine(マシーン・ツー・マシーン)」という機器間での通信のことを示します。人が介在せずに成立しているシステムです。
  • 「M2M以外」・・・「M2M」以外に、人間同士で通信を行う「H2H(Human to Human)」、人と機械の通信を示す「H2M(Human to Machine)」または「M2H(Mcheine to Human)」があります。
  • 「M2Mの実態」・・・携帯電話のキャリアや、通信関連企業などが、人を介在させずに、機器同士の通信を行い始めたことにより普及した言葉です。そのため、「M2M」というのは、3GやLTEの通信手段を使ってインターネットで通信を行う場合に説明されることが多いです。
  • 「適用分野」・・・リモート監視、リモート計測、防災、メンテナンス、セキュリティ、スマート家電、それに農業などで適用されています。
  • 「応用例」・・・自動検針(電気、ガス、水道)、自動販売機、エレベーター、駐車場、それにコピー機などに応用されています。
 
【姉妹サイト】
【豆知識】
  1. 「M2M」というのは、難しいことでも何でもなく、ごく普通にスマホなどで採用されている技術です。
【厳選リンク】
MONO WIRELESS IoTを図解した解説がウリのサイト。

スポンサードリンク
ワンP百科事典 Copyright (C) 2016. SUZ45. All Rights Reserved. お問い合わせ