1p
トップ > NFTとは > 【よくわかる】NFTアート作品を販売するコツを指南!(販売してみた〜売れた、デジタル)

【よくわかる】NFTアート作品を販売するコツを指南!(販売してみた〜売れた、デジタル)

NFTアートを販売するコツ

NFTアート作品の狙い目

  1. SNSのプロフィール画像に使えるイラストなどを描きましょう。LINEスタンプのようなノリですね。
  2. 趣味を活かしたNFTアート作品に注力。得意分野で勝負しましょう。

NFTアートの事例

NFTアート作品の販売の参考にしてみてください。

ジャック・ドーシー

Twitter社の創業者ジャック・ドーシーが、最初に投稿したツイートが、オークションで3億円で落札されました。

Twitter

Twitter社も、デジタルデータのNFT保有者が、プロフィール画面にそれを利用できるようにします。NFT保有者は、NFTの保有者であることをアピールできるのです。

メタバース

メタバースは、ゲームなどをするのに必要な所有地をNFTとして販売します。そこでは、ユーザーが、自作のアバター、アイテム、それに建物などをクラフトできます。そして、それをNFTとして、販売して収益を得ることも可能です。まさに、現実の不動産売買や土地開拓のようなことができるのです。それに目をつけたのが、Metaに社名変更したFacebookです。

NIKE

服や靴などのファッションアイテムをNFT化して、アバターに着せることもできます。NIKEは、このNFT関連の特許取得を進めています。

子供のドット絵

8歳の子供が描いたドットに、1点40万円の値がついたそうです。夏休みの自由研究で描いたものを、アーティストである母親が、NFTデジタルアートとして、出品して、インフルエンサーの目に留まって拡散したそうです。


出典:Zombie Zoo/OpenSea

NFTデジタルデータの家が、約5,500万円で購入されました。メタバースにアップロードして使える他、リアルな家として、建てる権利があるそうです。


出典:Mars House/SuperRare

せきぐちあいみ

VRアーティストのせきぐちあいみさんは、自身の作品をNFT化して、約1,300万円で落札されました。


出典:invest Navi

【その他の事例】:NFT事例22選

厳選リンク

免責事項・著作権表示

情報が古かったり、間違っていることなどによる損害の責任は負いかねますので、ご了承ください。

Copyright (C) SUZ45. All Rights Reserved.