トップページへ / おすすめサイト
ソウル総合案内所
【ソウルとは】
ソウルは、日本との時差がなく、最も近場の優良海外観光地。天候は日本の東北地方と同じくらいで、飛行機で2時間。日帰り旅行も可能。歴史探訪や伝統文化の観光をしてもいいし、グルメやショッピングを楽しむこともできる。プチ整形の技術も達者。
【ソウルの世界史】
ソウルの世界史の詳細は、こちら。以下、ここから転記。
----------【広告】----------

----------【広告】----------
  • ソウルは、昔、百済の都である漢城があったところ。475年、高句麗軍により陥落されると、漢山州と呼ばれた。1395年以降500年にわたり、漢城(ソウル)は、李氏朝鮮の都となる。
  • 1910年、日韓併合後、漢城府は京城府になり、日本の統治機関である朝鮮総督府が置かれた。
  • 1946年8月15日、米軍政下「ソウル市憲章」が発表され、第1章第1条で「京城府をソウル市と称し、特別自由市とする。」と規定された。
  • 1948年、大韓民国が独立。「ソウル特別市」は韓国の首都となった。
  • 1950年、朝鮮戦争が勃発し、釜山に臨時に首都を置くが、ソウルは4度も陥落する。停戦後、1953年8月1日にソウルへ還都。
  • 1988年、ソウルオリンピックが開催され、名実ともに国際都市となった。
【ソウルの観光名所】
  • 昌徳宮」・・・韓国ソウル特別市にある李氏朝鮮の宮殿。世界遺産。
  • 宗廟」・・・李氏朝鮮(朝鮮王朝)の祖先祭祀場。世界遺産。
  • 明洞」・・・ソウル特別市中区にある繁華街。近くに南大門市場がある。
  • 南大門市場」・・・東大門市場と並ぶソウル二大市場の一つ。
 
【厳選リンク】
4travel.jp ソウル旅行クチコミガイド。
ソウル特別市公式サイト ソウルの最新情報が手に入る。
地球の歩き方 ソウルの歩き方を徹底解説。
AB-ROAD ソウルのツアー旅行の一覧。
【豆知識】
  1. ソウルとは朝鮮語で「みやこ」の意味。
  2. 漢江の岸辺にある龍山区二村洞はソウル在住日本人が数多く住む地域であり「リトル東京」とも呼ばれる。

----------【広告】----------

----------【広告】----------

スポンサードリンク
ウィキペディア要らずの1p(ワンピー) Copyright (C) 2012. SUZ45. All Rights Reserved. お問い合わせ