トップページへ / おすすめサイト
TOEIC攻略法のコツ総合案内所
【TOEIC攻略総合案内所とは】
TOEICとは、英語を母国語としない人を対象とする英語によるコミュニケーション能力を検定するための試験。TOEICは、TOEFLと並んで、英語力の基準とされるものです。就職の際にも「TOEIC730点以上」など、基準が設けられることがあります。
【TOEICの攻略法】
TOEICのPart別の攻略法の詳細は、こちら。TOEICの勉強法に関しては、こちらを参照。
----------【広告】----------

----------【広告】----------
  • 特徴としては、日常会話から易しいビジネス会話レベルの問題が出題されます。英検などと違いすべての受験者が同じ問題を解きます。その正答数に応じて10〜990点の点数がつけられます。
  • TOEICには、通常の「聞き取り&読み」の他に「書き&スピーキング」の試験、それに初級者向けの「Bridge」もあります。
  • 攻略法としては、リスニング(聞き取り)は素早く解答し、次の問題をよく読んでおくこと。常に先回りするのが大切です。迷った問題に引きずられないこと。
  • リーディング(読解)は時間内に解くのが最大のミッションになります。最初はどうしても時間切れになってしまいます。問題文の単語と答えの選択肢の単語をパッパッと見比べていくのも一つの方法。でもひっかけ問題もあるので、要注意。問題集を解く際に時間を計っておくことが必要です。
  • 対策としては、各自のスコア別に見合った本を購入し、勉強することをお勧めします。そして、力試しに模試を解きましょう。
【TOEICの特徴】
  • 試験は、TOEICプログラム全体としては、2012年度は150ヶ国で実施されまた約700万人が受験しています。TOEICは日本では年10回実施され、受験者数は、2012年度は約230万人となっています。
  • 評価は、聞き取りと読解でそれぞれ5〜495点の間で5点刻みで行われ、合計の10〜990点が総合的なスコアとして認定されます。これらは素点による絶対評価ではなく、Equatingと呼ばれる方式を用いて統計的に算出されます。これにより、各回で問題の難易度に多少の差があっても、受験者の英語運用能力が同等であればスコアに大幅な変化は生じないとされています。
【豆知識】
  1. TOEICスピーキングテスト/ライティングテストは、2007年1月21日に東京・大阪・名古屋等の主要都市で初めて実施されました。このテストはETSのInternet-Based Testing (iBT) というシステムを介して実施されます。ETS認定テスト会場のパソコンをインターネットに接続することでテスト問題および解答の送受信を行います。受験者はパソコンで音声を吹き込んだり、文章の入力を行います。

----------【広告】----------

----------【広告】----------
【厳選リンク】
TOEIC公式サイト 試験日程などの情報満載。
TOEICテスト新・最強トリプル模試(3) 東大で一番売れているTOEIC学習書。少しだけ難しい。
TOEICテスト新・最強トリプル模試(2) TOEICの模試。
TOEICテスト新・最強トリプル模試(1) TOEICの模試。
新TOEICテスト470点攻略本 TOEICの点数ごとの攻略本。少しずつ学べる。
新TOEICテスト620点攻略本 TOEIC620点くらいの方向けの本。
新TOEICテスト730点攻略本 TOEIC730点くらいの方向け。そんなに難しくない。

スポンサードリンク
ウィキペディア要らずの1p(ワンピー) Copyright (C) 2011. SUZ45. All Rights Reserved. お問い合わせ