トップページへ / おすすめサイト
Windows10のライセンス認証エラー総合案内所
【Windows10のライセンス認証エラー】
Windows10のまとめの詳細は、こちら
----------【広告】----------

----------【広告】----------
    《ライセンス認証とは》
  • ライセンス認証とは、お使いのWindowsが正規品で、ライセンス条項で許可されているデバイス数を超えていないことを確認するものです。
    《無償アップグレードの後にライセンス認証を行う》
  • Windows7/8.1の正規品がインストールされているのであれば、Windows10にアップグレードする際に、自動的にライセンス認証が行われます。
  • Windows7/8.1で、ライセンス認証していない場合には、プロダクトキーを入力し、ライセンス認証をしないと、Windows10にアップグレードできません。
  • Windows7の場合には、「スタート」ボタンを押し、「コンピューター」を右クリックし、「プロパティ」を選ぶと、「Windowsのライセンス認証」の下に、ライセンス認証の状況が表示されます。
  • Windows8.1の場合には、「コントロールパネル」−「システムとセキュリティ」−「システム」と進み、「Windowsのライセンス認証」の下に、ライセンス認証の状況が表示されます。
    《Windows7/8.1のプロダクトキーを用いてライセンス認証を行う》
  • Windows10がインストールされている場合には、「スタート」ボタンを押し、「設定」−「更新とセキュリティ」−「ライセンス認証」と進み、「プロダクトキーの変更」を選択し、25文字のプロダクトキーを入力します。
    《Windows10のライセンス認証エラーに関するヘルプ》
  • 「ライセンス認証エラー」に対する解説と解決方法は、こちら
 
【姉妹サイト】
【豆知識】
  1. 正規に購入したPC・Windows7/8.1であれば、アップグレードした際に、自動的にライセンス認証されることがほとんどです。
【厳選リンク】
Windows10 Windows10の公式ヘルプサイト。

スポンサードリンク
ワンP百科事典 Copyright (C) 2016. SUZ45. All Rights Reserved. お問い合わせ