トップページへ / おすすめサイト
Amazon返品受付センター総合案内所
【Amazon返品受付センター総合案内所とは】
Amazonで購入した商品を返品するAmazon返品受付センターの手続き方法について概説しました。
【Amazon返品受付センターの利用方法】
Amazon返品受付センターの利用方法の概要は、こちら
----------【広告】----------

----------【広告】----------
  1. 返品受付センター」にアクセスします。
  2. 画面左上の「購入商品を返品する」をクリック。
  3. Amazonのアカウントでログインします。
  4. 「注文を表示」の欄で、返品したい商品を購入した時期を選択します。※選択しなくても最近購入した商品のうち、返品可能な商品が表示される場合もあります。
  5. 出てきた商品一覧の右の「商品を返品または交換する」をクリック。※返品・交換不可の場合もあります。
  6. 返品商品の説明欄の下の「返品理由」を選択し、必要に応じて、「詳細理由」を記入します。
  7. 「次に進む」をクリック。
  8. 「返金」「同じ商品と交換」「別の商品と交換」を選択し、「次に進む」をクリック。
  9. 「返送方法」を確認し、手続きを進めます。
  10. 返品手続きが完了すると、「返品用ラベル」が発行されるので、印刷し、商品に同梱します。
  11. 確認のE-mailが送信されます。
  12. あとは、商品を発送すれば、「返金」されたり、「商品の交換」がなされます。
【Amazon返品受付センターの注意事項】
  • 「トラブル」や「不具合」の場合には、返送料はアマゾンが負担します。
  • 「同じ商品と交換」や「別の商品と交換」する場合には、返品規約に同意する必要があります。
  • 未開封・未使用品に限り、商品到着後30日以内に返品の受け付けをしてもらえます。
  • 30日を過ぎると、20%返金額が減額されます。
  • 開封・使用済みの商品を自己都合で返品する際には、50%返金に留まります。
  • 初期不良の商品は、メーカーに問い合わせてから返品する必要があります。その場合、30日が経過しても返品可能です。
  • 返品・交換のできないもの」の一覧には、目を通しておきましょう。
【返品など】
プレゼント送り方 プレゼントの送り方。
amazonキンドル キンドルについての概説。
Kindle返品 Kindle本などの返品方法。
返品送料 返品時の送料について概説。
返金ギフト券 返金のギフト券について概説。
交換できない 注文商品の交換について。
Amazon Amazonのトップページ
【豆知識】
  1. 「amazon.co.jp」ではなく、出品者から直接購入した際には、別の返品方法で手続きする必要があります。
  2. 大量に返品したり、業務に支障が出るような返品を繰り返すと、返品・交換できず、最悪アカウントを閉鎖されます。

----------【広告】----------

----------【広告】----------
【厳選リンク】
ヘルプ amazonのヘルプページ。

スポンサードリンク
ウィキペディア要らずの1p(ワンピー) Copyright (C) 2015. SUZ45. All Rights Reserved. お問い合わせ