トップページへ / おすすめサイト
ビッグデータの活用イメージ総合案内所
【ビッグデータの活用イメージ】
ビッグデータのまとめの詳細は、こちら
----------【広告】----------

----------【広告】----------
  • 「ビッグデータ」は、電子商取引やSNSなどで大量に収集されるデータで、各種サービスの提供のために活用されています。具体的には、楽天やAmazonなどの電子商取引、フェイスブックなどのソーシャルメディアのデータを各種サービスの提供に活用されています。
  • 「ビッグデータ」としては、購買履歴や決済情報などがあり、それらをサービスに活かしています。
  • 「ビッグデータ」の活用は、それらに留まらず、様々な付加価値について、「透明性の創造」「需要の発掘、柔軟性の顕在化、パフォーマンスの増大の実験の可能化」「人々のセグメント化による動作のカスタマイズ」「自動化されたアルゴリズムによる人間の決断の代替・支援」「新たなビジネスモデル、製品、サービス革新」などを提示しています。
  • 「ビッグデータ」は、ウェブサービスだけでなく、「M2M」のネットワークからもデータが収集され、交通渋滞、医療、犯罪抑止、電力などの社会インフラなどの分野での利用が期待されています。
  • 地方公共団体においても、「ビッグデータ」を活用する「スマートシティ」や「スマートタウン」の構想があります。
  • 「ビッグデータ」は、公的機関だけでなく、個々の企業レベルにおいても、その競争力や成長に欠かせない存在となっています。
  • 「ビッグデータ」により、10兆円規模の付加価値創出があるのに加え、12〜15兆円規模のコスト削減が期待されています。
 
【姉妹サイト】
【豆知識】
  1. ビッグデータ活用」には、図解で活用イメージが示されています。
【厳選リンク】
総務省 総務省のビッグデータに関する情報。

スポンサードリンク
ワンP百科事典 Copyright (C) 2016. SUZ45. All Rights Reserved. お問い合わせ