トップページへ / おすすめサイト
CSSの意味総合案内所
【CSSの意味】
CSSまとめの詳細は、こちら
----------【広告】----------

----------【広告】----------
    《CSSの意味》
  • 「CSS」とは、「Cascading Style Sheets(カスケーディング・スタイル・シート)」の略で、ホームページの「スタイル(装飾)」を指定するものです。
  • 文字の大きさや色、それにレイアウトなどを指定することができます。
  • ディスプレイの表示スタイルだけでなく、プリンタでの印刷スタイル、音声の再生スタイルなども指定できます。
  • 同じスタイルで作成したホームページであれば、CSSを書き換えるだけで、一括してスタイルを変更できます。
  • CSSを利用するには、「*.css」というファイルを作る場合と、「*.htm」ファイル内に「style=***」と記載する方法などがあります。
    《styleの例》
  • 文字を中央に表示するには、<div style="text-align:center">〜</div>と記載します。
  • 文字の大きさを指定するには、<div style='font-size:11.0pt'>〜</div>と記載します。
  • 文字にアンダーラインを引くには、<div style="text-decoration: underline">〜</div>と記載します。
    《注意事項》
  • 「CSS」を使う時は、</head>の前に、<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">という一文を加えましょう。
  • 「*.css」というファイルを使う時は、</head>の前に、<link rel="stylesheet" type="text/css" href="tenka.css" />という一文を加えましょう。
  • 「style」を使う時は、</head>の前に、<link href="style.css" rel="stylesheet" type="text/css>という一文を加えましょう。
 
【姉妹サイト】
【豆知識】
  1. CSSは、一見すると難しい気がしますが、慣れてくると、同時に色々設定できて便利です。
【厳選リンク】
CSSの基本 HTMLクイックリファレンスのCSSの基本について。

スポンサードリンク
ワンP百科事典 Copyright (C) 2016. SUZ45. All Rights Reserved. お問い合わせ