トップページへ / おすすめサイト
英語・英会話発音記号無料上達方法総合案内所
【英語・英会話発音記号無料上達方法総合案内所とは】
英語・英会話発音記号無料上達方法総合案内所とは、日本人が不得意な英語・英会話発音の原因から対処の仕方までを無料上達レクチャーするサイトです!
【英語・英会話発音が不得意な原因】
英語・英会話発音が不得意な原因を列挙します。参考になるサイトは、こちら
----------【広告】----------

----------【広告】----------
  • 発音記号を知らない:発音記号をしっかりと身につけていないことが考えられます。
  • 英語をカタカナで書く:例えば、「mango」を「マンゴ」と書くのは大問題です。
  • 先生が喋れない:先生のレベルの低さは否めません。
  • 英語を聞かない:学校ではとかく「読み書き」に時間を割き、「喋る」「聞く」のに時間を割いていない。
【発音記号について】
例えば、「mango」の正確な発音は、「mˈæŋgoʊ」です。でもこれを日本人は「マンゴ」として覚えてしまうのです。スーパーに行っても「マンゴ」と表記されているのです。もっと驚くのは、「man」の発音すら知らないことです。スーパーマンのマンですから発音は当然「マン」だと思っている方も多いと思いますが、正確な発音はmangoと同じく「mˈæn」です。「マン」と「メン」の間の発音ですね。発音を音声で確認できる辞書は、こちら
【最高の勉強法】
  • 「読み書き」は学校の勉強で十分でしょう。
  • 「聞く」のは、色々あるので、以下にサイトを紹介します。最初は、単語の発音から学ぶのがいいと思います。
  • 「喋る」のは、留学生なんかとの会話するのが一番です。それがダメなら英語のみで会話する日とかを決めて、友達と英語の会話をする機会を創るのがいいでしょう。話すと色んなことを考えます。ただ注意するのは、上記したように間違った発音で勉強しないよう、辞書をひきつつやるのがベターでしょう。
【厳選リンク】
英語の発音教室 PLS 発音記号ごとの発音を学べます。
英語発音がよくなる10のコツ 紛らわしい発音を比較。
30音でマスターする英会話 「LとR」の発音比較など基礎を学べます。
weblio 英語の翻訳と発音確認ができます。
NHKラジオ英会話 テキストを買うとより効果的です。
スペースアルク すべての英語学習者のためのポータルサイト。
VOA トップニュースを英語の字幕付きで学習。
無料で英語・英会話の学習をしよう 無料もしくは低コストな学習法を紹介。
【豆知識】
  1. 他人事かと思っていたら、仕事で英語が必要になることは多々あります。海外出張のない会社は珍しい。
  2. どっぷりと英語につかると、上達するし、忘れにくくなります。留学やアメリカンスクールなどが有効。
  3. 外国人留学生は、日本語を学ぶため、日本人と付き合うことがあります。
  4. 留学生の多くは、日本での就職を望みます。
  5. 「パソコン」は正確には「ラップトップコンピュータ」、「ホームページ」は「ウェブサイト」と言わないと通じません。
  6. ご自身の発音をボイスレコーダーで確認するのが有益です。

----------【広告】----------

----------【広告】----------

スポンサードリンク
ウィキペディア要らずの1p(ワンピー) Copyright (C) 2012. SUZ45. All Rights Reserved. お問い合わせ