トップページへ / おすすめサイト
Google+のアカウント年齢制限解除方法総合案内所
【Google+のアカウント年齢制限解除方法総合案内所とは】
Googleアカウントで、誤って年齢制限に引っかかってしまった場合の解除方法について解説します。
【Google+のアカウント年齢制限】
Google+のアカウント年齢制限の概要は、こちら
----------【広告】----------

----------【広告】----------
    《Google+の年齢制限》
  • Google+のハングアウト開始時に「18歳以上のみこのビデオハングアウトに参加可能にする」という設定にすれば、ハングアウトの年齢制限を18歳以上にすることができます。
    《YouTubeの年齢制限》
  • 18歳未満のユーザーは、R指定のビデオハングアウトの動画を視聴することはできません。
  • 動画がR指定の場合には、制限付きのコンテンツが再生中というメッセージが表示されます。
    《Googleアカウントの年齢制限》
  • Google+、YouTube、Gmailなどのサービスに用いるGoogleアカウントの年齢制限は、オランダ16歳以上、スペイン、韓国14歳以上、米国&その他の国が13歳以上です。
【Google+のアカウント年齢制限解除方法】
    《年齢制限に引っかかる場合》
  • 昔は、Googleアカウントを作るのに、年齢を入力しませんでした。そこで、新たにGoogleのサービスを始める時に、年齢を入力する画面になることがあるのですが、ここで、本当の生年月日を入力しないで、うっかり13歳以下の生年月日を入力してしまうことがあります。そうして、アカウントをロックされてしまうのです。ここでは、そんな「ロック」を解除する方法を指南します。
    《年齢の入力》
  1. Google+」などにアクセスして、「アカウント作成」をクリックします。
  2. 「名前」や「パスワード」、それに「生年月日」を入力します。
  3. 今は、年齢制限に引っかかる場合には、エラー画面が出て、アカウント作成ができないので、安心です。
    《既に作成したアカウントが年齢制限に引っかかっている場合》
  1. アカウント」にアクセスします。
  2. 「メールアドレス」と「パスワード」を入力して、ログインします。
  3. 「13歳以上の場合は、ここをクリックしてアカウントのロック解除プロセスを開始してください。」という文章をクリックします。
  4. 正しい「生年月日」を入力します。
  5. さらに、「クレジットカードを使用」「フォームをオンラインで送信」「郵送かFAXでフォームを送信」を選択します。
    • 「クレジットカードを使用」・・・クレジットカードの認証で済みますが、0.3米ドルが必要になります。
    • 「フォームをオンラインで送信」・・・パスポートや運転免許証などの画像ファイルを送信します。
    • 「郵送かFAXでフォームを送信」・・・書類をダウンロードし、パスポートや運転免許証などのコピーを添えて、郵送かFAXをします。
【Google+:アカウント関連】
インストール インストールが上手くできない時の対処方法を指南。
アカウント作成 Google+のアカウント作成ができない場合の対処方法。
ログイン Google+にログインできない場合。
プロフィール設定 プロフィール設定ができない場合の対処方法。
実名制廃止 実名登録制が廃止されました。
ログアウト ログアウトができない場合の対処方法。
退会方法 Google+の退会ができない場合。
アンインストール アンインストールができない場合の対処方法。
トップページ Google+のトップページへ。
【豆知識】
  1. ツイッターも、以前は13歳以上という年齢制限がありましたが、今の規約には、年齢制限はありません。
  2. 年齢制限を解除すれば、以前やり取りしたGmailのメールなどのデータもちゃんと残っています。

----------【広告】----------

----------【広告】----------
【厳選リンク】
Google+ホーム Google+のトップページ。

スポンサードリンク
ウィキペディア要らずの1p(ワンピー) Copyright (C) 2014. SUZ45. All Rights Reserved. お問い合わせ