トップページへ / おすすめサイト
Google+足跡機能総合案内所
【Google+足跡機能総合案内所とは】
「Google+」で、他のユーザーのプロフィールなどを見た時に「足跡」が残るかどうかを解説します。
【Google+足跡機能について】
Google+足跡機能の概説は、こちら
----------【広告】----------

----------【広告】----------
  • 結論から言うと、「Google+」に「足跡」機能はありません。

  • ただし、「Gmail」などのGoogleのサービスで交流すると、「友だち候補」に出てしまうので、不要なメールなどを送るのは止めておきましょう。
  • 正確に言うと、Gmailを送ると、ご自身の「友だち候補」に相手の名前が出てきて、相手に返信されると相手の「友だち候補」にご自身の名前が出てきます。
  • 逆に、Gmailなどで交流があれば、ご自身も相手も「友だち候補」に名前が出るので、便利です。
  • 「友だち候補」に望まぬ人が出てくる場合は、削除しても相手には判りません。
【Google+の公開範囲】
  • 「足跡」が付かない分、情報の管理はしっかりとした方がいいでしょう。

  • こちらを参考に、プロフィールの設定をしましょう。
  • こちらを参考に、投稿の共有範囲の設定をしましょう。
  • こちらを参考に、同じサークル内でも特定の人をブロックすることができます。
【Google+:使い方】
共有範囲設定 投稿の共有範囲の設定ができない場合。
写真共有 写真の共有ができない場合の対処方法。
投稿削除 投稿を削除できない場合。
コメント削除 コメントの削除と編集のやり方。
再共有禁止 Google+の再共有と再共有の禁止のやり方。
トップページ Google+のトップページへ。
【豆知識】
  1. 足跡を付けようにも、相手が公開範囲を限定している場合には、大した情報は得られません。
  2. 特に、昔は、一般公開が基本だったGoogle+ですが、投稿時に「共有」範囲を指定できるようになったので、一般公開していない情報は、基本的には、手に入りません。
  3. 気になる相手ならば、同じグループなどに入れてもらうほかありません。同じグループでも足跡はつきません。

----------【広告】----------

----------【広告】----------
【厳選リンク】
Google+ホーム Google+のトップページ。

スポンサードリンク
ウィキペディア要らずの1p(ワンピー) Copyright (C) 2014. SUZ45. All Rights Reserved. お問い合わせ