1p
トップ > 資産運用 > 【Olive】三井住友カードとSBI証券の連携のやり方

【Olive】三井住友カードとSBI証券の連携のやり方

はじめに

三井住友カードの「Olive」とSBI証券の連携のやり方やお得な情報をまとめました。連携したとはいえ、手続きは、そう簡単ではありません。このサイトを参考にしてみてください。

目次

  1. 連携によるお得な話
  2. Oliveアカウントとは?
  3. Vポイントアッププログラム
  4. SBI証券Vポイントサービスとは
  5. 連携の手順
  6. SBI証券でのポイントサービス
  7. 各種取引でポイントを貯める
  8. クレカ積立でポイントを貯める
  9. その他のポイント
  10. まとめ
  11. 関連サイト

連携によるお得な話

ポイント

Oliveで資産を管理するなら、Vポイントに統一するのがベストでしょう。

Oliveアカウントとは?

Oliveアカウントとは、以下5つのサービスを全てお申込みいただいたお客さまへ、お得な口座特典に加え、各種特典を提供するパッケージサービスです。

Oliveアカウントとは?
Oliveアカウントの手続き

上記の「Oliveアカウントの手続き」の「詳しくみる」のボタンを押すことで各種手続きをすることができます。

Oliveフレキシブルペイ

キャッシュカードの機能と、デビット、クレジット、ポイント払いのお支払い機能が一体となったオールインワンカードです。

「一般」「ゴールド」「プラチナプリファード」の3種類からカードを選ぶことができます。

SMBC ID

SMBC IDとは、三井住友銀行アプリ・三井住友カードVpassアプリを便利にご利用いただける共通のIDです。

初めに「登録」をします。

SMBC IDとしてメールアドレスをご登録いただきます。

「Vpass」との連携などを行います。

SMBC IDを発行すると、三井住友銀行と三井住友カードの情報を一つのIDでまとめて管理することが可能となり、住所変更等のお手続も一度で完了できます。

SMBCダイレクト

残高照会やお振込等のお取引がアプリやWebでご利用いただけるサービスです。

SMBCダイレクトは、今まで使っていたのと同じになります。

残高別金利型普通預金または普通預金

三井住友銀行で口座開設する際の預金種別です。 定期預金口座や貯蓄預金口座、当座預金口座等ではお申し込みできません。

普通預金口座を開設しましょう。

Web通帳(通帳不発行方式)

紙の通帳を発行せずパソコン・スマホで明細・残高照会可能なサービスです。

紙の通帳は、利用することができなくなります。

ポイント

この5つのサービスを有効にしないと、特典を受けられません。

三井住友銀行の口座やクレジットカードを持っていても、簡単に切り替えられます。その場合には、元々のクレジットカードを解約することもできます。引き落としを全て移行した後に解約しましょう。

でも、新規に作った方が、お得ではあります。

Vポイントアッププログラム

次の各号をすべて達成することで、対象の店舗(コンビニ、飲食店等)のクレジットカード利用に対するVポイント還元率が最大で2.0%アップするサービスです。

  1. 三井住友カードが発行するクレジットカードを保有していること(※1)
  2. SMBC IDを保有していること(※2)
  3. SBI証券Vポイントサービスに登録していること
  4. 以下の条件を満たすこと
SBI証券側の条件

※1:Vポイント以外の独自ポイントが貯まる提携カード、銀聯カード、ビジネスカード(除く三井住友ビジネスカードfor Owners・三井住友カード ビジネスオーナーズ)、コーポレートカード、デビットカード、プリペイドカード、クレジットモードの機能がないOliveフレキシブルペイ、家族カード、ETC、iDなどは対象外です。

※2:詳細は2023年3月1日以降、三井住友カードのウェブサイト上に掲載する内容をご確認ください。

※3:お買付のみ対象となります。なお、MMF、中期国債ファンド、MRF、外貨建MMF、ETF、REIT、外国籍投資信託、SBIラップ専用ファンドのお買付は対象外となります。

※4:お買付またはご売却が対象となります。対象銘柄は、SBI証券取扱の国内株式(現物、信用、S株、IPO・PO、PTS、立会外分売含む)、米国株式(現物、信用、ADR(米国預託証券)・ETF含む)となります。

※5:当月末時点におけるNISAまたはつみたてNISA預りの資産評価額が対象となります。また、本条件を達成することでVポイント還元率が+1.0%となるのは、2023年12月31日(日)のクレジットカード利用分までが対象となります。(三井住友銀行のNISA口座やつみたてNISA口座は対象となりません。)2023年3月1日以降、三井住友銀行による金融商品仲介サービスを利用されるお客さまは、三井住友カード仲介口座におけるNISA残高が対象となります。

ポイント

条件を満たしていれば、コンビニなどのポイント還元率がアップします。

SBI証券Vポイントサービスとは

三井住友カード仲介口座のお客さま【限定】で、投資信託や国内株式、SBIラップなど、さまざまな商品のお取引に応じて、Vポイントが貯まる、そしてお持ちのVポイントを投資信託の買付に使えるマイレージサービスです。

SBI証券Vポイントサービスとは
SBI証券Vポイントサービスとは 投信マイレージ・ポイント付与率一覧
ポイント

三井住友カード仲介口座を開設しないといけません。

SBI証券口座を持っていれば、変更することもできます。

手数料や取引可能商品は、SBI証券と同じなので、不利益を被る可能性はありません。

ただし、SBI証券の設定で、「取引コース」を「インターネットコース」にする必要があります。それを確認するには、SBI証券WEBサイト>「口座管理」>「お客さま情報 設定・変更」>「ご登録情報」お客さま基本情報にある「取引コース」の項目で確認できます。

積立買付と口数で買付する際は、対象外となります。

連携の手順

連携の手順
連携の手順
ポイント

SBI証券と連携させることで、効率よくVポイントを貯められます。

SBI証券でのポイントサービス

以下の要領で、ポイントで投資できるようになります。

  1. SBI証券ポイントサービス」にアクセスして、所望のポイントを選択します。
  2. SBI証券でのTポイントサービス
  3. Vポイントサービス登録画面に進む」をクリック。
  4. ポイントサービス欄のポイントを登録します。
  5. 規約を読んで、Tポイントの場合、SBI証券の取引パスワードを入力して、「Yahoo」にログインします。
  6. Tポイントの番号を確認して、設定します。
ポイント

他のカードのTポイントなどを使い切って、Vポイントのカードに統一すると良いでしょう。

各種取引でポイントを貯める

各種取引でポイントを貯める

※1:投資信託のご購入・外貨預金のお預け入れは、店頭書面でのお手続は対象外となります(SMBCダイレクトでのお手続でポイント付与)。店頭窓口に備え付けの端末で行員とお手続きされた場合、SMBCダイレクトでのお手続と同率でポイントが付与されます。投信/外貨の自動積立を店頭でお取引した場合、初回引落時が対象外となります(2回目以降の資金引落時にポイント付与)。

※2:販売手数料が発生するものに限ります。

※3:円貨→外貨のお取引のみです。

ポイント

投資信託の場合、販売手数料が発生するものに限られるので、要注意です。

クレカ積立でポイントを貯める

クレカ積立でポイントを貯める

クレジットカードで、つみたて投資をすると、ポイントがもらえます。

ゴールドで1.0%、プラチナプリファードで5.0%の還元率があります。

詳細は、「クレカ積立」をご覧ください。

ポイント

細かい条件が、多々あります。

よく確認してから取引しましょう。

その他のポイント

その他のポイント
ポイント

結局、カードの引き落とし金額の多い場合には、Vポイントも多く貯まります。

投資では、あまり多くのVポイントは望めません。

まとめ

途中、クレジットの審査などで、完了までに時間がかかることがあります。

投資信託などを買って、Vポイントがもらえるのですが、条件が厳しく、結局、0.15%ほどになります。

その分、コンビニなどでの買い物の還元率が2.0%ほどになります。

関連サイト

OliveとSBI証券の連携 特典のデメリット Vポイント特典 三井住友カード仲介口座

姉妹サイト

おすすめ投資勉強サイト
  1. 資産運用に関するサイト
    1. 資産運用先ランキング
    2. 経済指標
    3. 最新NISA解説
    4. 経済用語
    5. コラム
    6. 超実践!資産運用
    7. Olive
    8. 楽天銀行と楽天証券
  2. 投資信託に関するサイト
    1. 投資信託の買い方・選び方
    2. おすすめ銘柄ランキング
    3. ブルベア型の投資信託のススメ
    4. 投資信託のリスク
    5. 情報源
    6. 投資信託のQ&A
  3. FXに関するサイト
    1. 初心者のFX投資勉強法
    2. スワップポイント利回り
    3. 為替介入ドキュメント
    4. 円高ドル安
  4. 株に関するサイト
    1. 初心者の株式投資勉強法
    2. かぶほり
    3. おすすめ銘柄
    4. 初心者は株を買うな?
  5. ETFに関するサイト
    1. ETF始め方・買い方
  6. ロボアドバイザーに関するサイト
    1. ロボアドバイザーはやめとけ
  7. 暗号資産に関するサイト
    1. 暗号資産(仮想通貨)とは

厳選リンク

テーマ株のかぶほり

かぶほりトップ IT業界地図 金融業界地図 国策株式銘柄一覧
IT関連
クラウドコンピューティング デジタルトランスフォーメーション(DX) テレワーク サイバーセキュリティ フィンテック ビッグデータ IoT 人工知能 メタバース NFT 暗号資産(仮想通貨)
医療関連
がん最先端治療 遠隔医療 在宅医療 オンライン診療
産業関連
防衛 脱炭素 ドローン ダイナミックプライシング 電気自動車充電器 メタンハイドレート マイナンバーカード 再生可能エネルギー 米(コメ) 災害対策 生体認証 無人店舗 サービスロボット シェアリングエコノミー スマート農業 サブスクリプション 都市鉱山 FX 蓄電池 小型原子炉(SMR) グリーントランスフォーメーション(GX)
人関連
人材育成 人材紹介 障害者支援 リスキリング
テーマごとのおすすめ銘柄
エネルギー資源枯渇 資源の枯渇 食糧難 投資の国際化 ディフェンシブ銘柄 スタートアップ 円安

貯金と投資の割合

日本人の貯金と投資の割合 日本人年代別貯金と投資の割合 20代貯金と投資の割合 30代貯金と投資の割合 40代貯金と投資の割合 50代貯金と投資の割合 60代貯金と投資の割合 日本人の貯金が世界一は過去の話 世界のお金の流れ

暗号資産(仮想通貨)

暗号資産(仮想通貨)とは おすすめの仮想通貨 イーサリアム取引所ランキング ビットコイン取引所ランキング

免責事項・著作権表示

情報が古かったり、間違っていることなどによる損害の責任は負いかねますので、ご了承ください。

Copyright (C) SUZ45. All Rights Reserved.