トップページへ / おすすめサイト
子宮筋腫における内視鏡手術の危険性総合案内所
【子宮筋腫における内視鏡手術の危険性とは】
子宮筋腫の手術を内視鏡を用いて行うと、切り取ったがん細胞を子宮内にばら撒いてしまうという危険性があります。その経緯と、関連情報についてレクチャーします。
【子宮筋腫における内視鏡手術の危険性のニュース記事要約】
子宮筋腫における内視鏡手術の危険性のニュース記事は、こちら
----------【広告】----------

----------【広告】----------
  • 問題となっているのは、腹部に1.5センチ程度の穴をあけ、内視鏡を挿入して子宮筋腫を切り刻む手術で、がんをまき散らしてしまう可能性があります。
  • 国内では、年間1万件の手術が行われています。
  • 米食品医薬品局(FDA)がこの手術に用いる器具の使用を勧めないという通知をしました。
  • 米国で、術後、病変から肉腫が見つかる頻度は、0.3%と推計されます。
【関連情報】
  • 「内視鏡手術」・・・「草加病院」などで概略を見られます。お腹に穴をあけ、内視鏡や手術器具を挿入し、モニターで映像を見ながら手術を行うというものです。
  • 「装置の概略」・・・問題のある装置は、ジョンソン・エンド・ジョンソンなどが販売。筋腫を細かく切る装置の名前は、「モルセレーター」と言います。
  • 「現状」・・・装置の販売はすでに販売停止になっており、在庫が無くなり次第手術も終えることが想定されます。ただし、販売元は、撤退はしないと表明しているので、改良して復活する可能性もあります。
  • 「内視鏡の種類」・・・現在の内視鏡には、三つのステージがあります。一つは、お腹に穴をあけて内視鏡を挿入する方法。二つ目は、口や鼻などから内視鏡を挿入する方法。3つ目は、カプセル型の内視鏡を飲んで画像などを撮影する方法。子宮筋腫の手術では、一つ目の方法が多用されます。
  • 「費用・入院日数など」・・・内視鏡での子宮筋腫手術は、入院1〜3日、8〜10万円です。
  • 「先端治療法」・・・子宮動脈塞栓(UAE)、集束超音波(FUS)などの治療法があります。開腹せずに治すというものです。原則として妊娠を望まないなどの条件があります。詳細は、こちら
【豆知識】
  1. 子宮筋腫だけでなく、胃がんなどの他の内視鏡手術でも、同じような問題はないのか、ということが心配されますが、調べた限り、他の手術では同様の問題はないようです。内視鏡手術に問題があるのではなく、あくまで、「モルセレーター」の問題のようです。

----------【広告】----------

----------【広告】----------
【厳選リンク】
livedoor NEWS 読売新聞のニュースサイト。

スポンサードリンク
ウィキペディア要らずの1p(ワンピー) Copyright (C) 2014. SUZ45. All Rights Reserved. お問い合わせ