トップページへ / おすすめサイト
がんを予防する食事療法総合案内所
【がんを予防する食事療法総合案内所とは】
がんを予防する食事を用いた療法と関連情報について解説します。
【がんを予防する食事療法のニュース記事要約】
がんを予防する食事療法のニュース記事は、こちら
----------【広告】----------

----------【広告】----------
    《がんを予防する食事ランキング》
  1. 「にんじん」・・・葉酸や抗がん成分であるビタミンAが豊富。ジュースにして飲むと摂取しやすいです。
  2. 「きのこ類」・・・抗がん作用のあるβグルコースを摂取できます。
  3. 「さつまいも」・・・加熱した方が効果が高いです。
  4. 「ぶどう」・・・果皮に抗酸化物質が含まれています。赤ワインも適量であれば効果があります。
  5. 「柑橘類」・・・オレンジ、みかん、レモンなどにはビタミンCが多く含まれ、殺菌効果が高いです。
  6. 「海産物」・・・ワカメ、昆布、魚介類もビタミン豊富。
  7. 「アスパラガス」・・・抗がん成分が多く含まれます。生よりも加熱した方がいいです。
  8. 「トマト」・・・活性酸素と吸収する効果があります。
  9. 「大豆」・・・更年期の女性には特に有用。
  10. 「キャベツ」・・・ビタミンC、E、繊維質、それに葉酸を含みます。
【関連情報】
関連情報の詳細は、こちら
  • 「アイスクリームが食べたくなったらがんを疑う」・・・「つわりの時にすっぱいものが食べたくなる」のと同じように、がんになると甘くて冷たいものを欲することがあるようです。
  • 「野菜は加熱すべき」・・・加熱すると栄養素が失われるとも言われますが、吸収率が向上するので、より効果的という意見もあります。
  • 「果物の糖度」・・・果物もがんの予防に効果的と言われますが、糖度が高いので、逆効果の可能性もあります。
  • 「乳製品」・・・乳製品は、糖分・油脂が多いので、特に女性の乳がんには悪影響とも言われています。
  • 「がんに餌を与える」・・・がんを予防するには、がんが好む「餌」を与えないことが重要です。例えば、甘くて冷たいアイス、糖分の多いお菓子や飲み物は、がんに「餌」を与えるようなものです。
【豆知識】
  1. ここ30年間の日本人の死因第一位はがんです。
  2. 食事療法と合わせて規則正しく、健康的な生活を送ることが有効です。
  3. 全米ガン研究会議(American Association for Cancer Research:AACR)の年次会議で食事とがんの発生リスクはほとんど関係ないという報告もあります。詳細は、こちら

----------【広告】----------

----------【広告】----------
【厳選リンク】
livedoor NEWS ロケットニュース24のニュースサイト。
がんの治療方法 がんの治療方法の種類を解説。
がんの手術費用 がんの治療費・手術費用。
高額療養費制度 療養費を抑える制度に関する情報。

スポンサードリンク
ウィキペディア要らずの1p(ワンピー) Copyright (C) 2014. SUZ45. All Rights Reserved. お問い合わせ