トップページへ / おすすめサイト
白血病の種類と初期症状総合案内所
【白血病の種類と初期症状総合案内所とは】
白血病の種類と初期症状、関連情報についてレクチャーします。
【白血病の種類とは】
白血病の種類の詳細は、こちら
----------【広告】----------

----------【広告】----------
    《白血病とは》
  • いわゆる「血液のがん」です。
  • 白血球ががん化し、異常に殖え、血液が白く見える程でした。今は、血液検査で診断できますので、白くなるまでひどくはなりません。
    《白血病は、以下のように、大きく4種類に分けられます》
  • 急性骨髄性白血病」・・・急速に進行して数週間から数か月で命を落とす、顆粒球などの骨髄球系の細胞を起源とする白血病。
  • 急性リンパ性白血病」・・・急速に進行して数週間から数か月で命を落とす、リンパ球系の細胞から発生する白血病。
  • 慢性骨髄性白血病」・・・ゆっくりと白血球が殖え、年単位で進行し、顆粒球などの骨髄球系の細胞を起源とする白血病。
  • 慢性リンパ性白血病」・・・ゆっくりと白血球が殖え、年単位で進行し、リンパ球系の細胞から発生する白血病。
    《白血病の原因》
  • 白血病を含め、がんは、遺伝子異常が原因で発症すると言われています。ダウン症候群など、生まれながらにして遺伝子異常のある病気の方は、白血病が起きやすいです。あくまで確率の問題ですが。
  • 原爆で被爆した方に白血病患者が多く、放射線も原因になります。
  • ベンゼンやトルエンなどの化学物質や抗がん剤も原因になります。
  • HTLV-IウイルスやEBウイルスに感染すると、白血病の原因になります。
  • 一般的に白血病は遺伝しませんし、患者に接触してもうつることはありません。
  • 喫煙・ストレスも白血病を発症する原因とされています。
【白血病の初期症状】
    《急性白血病の初期症状》
  • 血球の基の細胞は、骨の中にある骨髄にあり、そこでがん細胞(白血球細胞)が異常増殖し、血液を作ることができなくなります。
  • 赤血球が減ると、出血が止まりにくくなるので、貧血を起こし、顔面蒼白、全身の倦怠感、動悸、息切れといった症状が現れます。
  • 白血球が減ると、発熱を起こし、感染症にかかりやすくなります。咽頭痛、咳、下痢などの症状も出ます。
  • 血小板が減ると、紫斑(青あざ)ができやすくなり、鼻血や歯茎からの出血が起こります。
  • 白血病細胞が骨髄で殖えすぎ、骨や関節の痛みが起こります。
  • 白血病細胞が血管外に出て、他の臓器に浸潤し、肝臓や脾臓が大きくなったり、リンパ節が腫脹したり、歯肉が腫れたり、腫瘤ができたりします。脳や脊髄に浸潤すると、頭痛、吐き気等の症状が出ます。
    《慢性白血病の初期症状》
  • 進行がゆっくりなので、ほとんど症状が出ません。
  • 脾臓や肝臓が大きくなったり、リンパ節が腫れたりします。
  • 免疫力が低下し、細菌やウイルスにより、溶血性貧血などの疾患を併発することがあります。
【豆知識】
  1. 白血病の治療の詳細は、こちら
  2. 高齢者の白血病に関する詳細は、こちら
  3. 白血病の治療方法の詳細は、こちら

----------【広告】----------

----------【広告】----------
【厳選リンク】
がん情報サービス 白血病のあれこれを徹底解説。
拠点病院 がんの診療連携拠点病院を検索。
がんの治療方法 がんの治療方法の種類を解説。
がんの手術費用 がんの治療費・手術費用。
高額療養費制度 療養費を抑える制度に関する情報。

スポンサードリンク
ウィキペディア要らずの1p(ワンピー) Copyright (C) 2014. SUZ45. All Rights Reserved. お問い合わせ