トップページへ / おすすめサイト
肝細胞がんの初期症状と肝炎ウイルス総合案内所
【肝細胞がんの初期症状と肝炎ウイルス総合案内所とは】
肝細胞がんの初期症状と肝炎ウイルス、関連情報についてレクチャーします。
【肝細胞がんとは】
肝細胞がんの詳細は、こちら
----------【広告】----------

----------【広告】----------
    《肝臓とは》
  • 肝臓とは、人体最大の臓器で、1kgほどあります。血液中の有害物質を分解する「解毒作用」と、消化された栄養素をタンパク、脂質、炭水化物にする「合成作用」という働きがあります。また、胆汁の生成も行われます。
    《肝細胞がんとは》
  • 肝がんには、いくつかの分類があります。
    • 「原発性肝がん」・・・肝臓から発生したがんです。
      • 「肝細胞がん」・・・栄養素の合成、分解、解毒などを行う肝細胞から発生するがんです。原発性肝がんの95%を占めています。
      • 「胆管細胞がん(胆内胆管がん)」・・・胆汁を十二指腸に流す管である胆管の細胞から発生するがんです。原発性肝がんの5%を占めています。
      • 「組織型の肝がん」・・・特殊な肝がんです。発生率は稀です。
    • 「転移性肝がん」・・・他の臓器から転移が起きてできるがんです。大元の臓器のがんを治療します。
    《肝細胞の初期症状》
  • 肝がんは、初期症状があまりないので、慢性肝炎や肝硬変の治療中に発覚されることが多いです。
  • やや進行すると、「上腹部の硬いしこり」「みぞおち周辺の痛みや不快感」「胸部や背中の痛み」「右肩甲骨周辺の痛み」「発熱」「黄疸」「手のひらの赤み」「腹部の膨満感」「食欲不振」「体重減少」「しゃっくりが止まらない」が現れます。
  • さらに進行すると、「肝がんの破裂によるショック性腹痛」「腹水」「静脈瘤の破裂による吐血や下血」などの症状が出ます。
  • 詳しくは後述しますが、肝炎ウイルスが原因の場合が多いので、「倦怠感」「食欲不振」「茶色い尿が出る」などの症状は危険です。
【肝がんと肝炎ウイルス】
    《肝がんと肝炎ウイルス》
  • 肝がんは、肺がんや子宮頸がんと同様、発生要因が特定されているがんの一つです。
  • 最も重要なのは、肝炎ウイルスです。肝炎ウイルスの型には、A、B、C、D、Eとありますが、主にB型、C型が肝がんに関係します。
  • ウイルスに感染すると、肝細胞が炎症し、遺伝子の突然変異がおこり、肝がんへと発展します。
  • 肝細胞がんの70%がC型肝炎ウイルスの感染からの発症と言われます。
  • ウイルスによる発がんを抑制するための方法として、インターフェロンなどの抗ウイルス療法、グリチルリチンを用いることがあります。
【豆知識】
  1. 飲酒は肝がんの大敵です。
  2. 肝がんの検査の前に肝炎ウイルスの検査をすると効果的です。
  3. 肝硬変も肝がんの大敵ですので、酒量を減らしましょう。
  4. 肝がんは本来発症率の低いがんですが、肝炎ウイルスの感染などで、発症率が高くなっています。
  5. 肝炎ウイルスの検査キットは、こちら

----------【広告】----------

----------【広告】----------
【厳選リンク】
がん情報サービス 肝細胞がんのあれこれを徹底解説。
九州大学病院 肝細胞がんのQ&Aを紹介。
拠点病院 がんの診療連携拠点病院を検索。
がんの治療方法 がんの治療方法の種類を解説。
がんの手術費用 がんの治療費・手術費用。
高額療養費制度 療養費を抑える制度に関する情報。

スポンサードリンク
ウィキペディア要らずの1p(ワンピー) Copyright (C) 2014. SUZ45. All Rights Reserved. お問い合わせ