トップページへ / おすすめサイト
肺がんの初期症状と原因総合案内所
【肺がんの初期症状と原因総合案内所とは】
肺がんの初期症状と原因、関連情報についてレクチャーします。
【肺がんの初期症状】
肺がんの初期症状は、こちら
----------【広告】----------

----------【広告】----------
    《初期症状》・・・初期は特に自覚症状がありませんので、ご注意ください。
  • 「血痰」・・・肺は血流が多いので、がんになると出血しやすく、痰に血液が混じります。
  • 「空咳」・・・風邪などでも咳は出ますが、一ケ月くらい空咳が続いたら検査に行きましょう。
  • 「痰」・・・大量の痰が出てきたり、痰が黄色や緑色になったら要注意です。
  • 「呼吸困難」・・・肺がんが進行すると、肺の体積が減るので、血液中の酸素濃度が低下し、呼吸困難になります。
  • 「胸部の痛み」・・・肺がんが胸膜や胸壁に進行することで、胸部に痛みがはしります。
  • 「発熱」・・・肺がんが進行し、肺炎などになると、発熱します。
  • 「のど」・・・ものが飲みこみにくい症状。
  • 「体重」・・・食欲が落ちて体重が減ります。
  • 「炎症」・・・肺炎や気管支炎を起こすこともあります。
  • 「腫れ」・・・首や顔が腫れる症状。
  • 「疲労」・・・何をするにも疲労感がある場合。
【肺がんの原因と関連情報】
    《肺がんの原因》
  • 「たばこ」・・・最大の原因は、たばこです。喫煙指数(一日当たりの本数×喫煙年数)が600を超えていると、リスクが大変高くなります。ご自身が吸っていなくても、煙を吸う受動喫煙でもリスクは高まります。
  • 「女性ホルモン」・・・月経の期間の長い女性や、女性ホルモン(エストロゲン)補充療法を受けた女性は、肺がんリスクが高まります。
  • 「汚染物質」・・・大気汚染での有害物質を吸い込んでしまうとリスクが高まります。有害物質には、アスベストや排気ガスなどがあります。有害物質は、肺の末梢にある肺胞で除去されますが、活性酸素が発生し、正常な細胞を傷つけ、がん化すると考えられています。
    《肺がんの種類》
  • 「肺腺がん」・・・発生頻度が一番多い肺がんで、全体の50%ほどを占めます。肺の奥の方に発生し、女性の肺がんで多く、他の臓器に転移しやすいという特徴があります。
  • 「肺扁平上皮がん」・・・全体の30%ほどを占め、肺の入り口近くに発生します。ほとんどが喫煙者です。
  • 「大細胞肺がん」・・・大きながん細胞からなり、肺の奥の方に発生します。増殖が速い特徴があります。発生頻度は一番低いです。
  • 「小細胞肺がん」・・・小さながん細胞からなり、肺の入り口近くに発生します。ほとんどが喫煙者で、転移しやすい特徴があります。
【豆知識】
  1. 症状が現れてからでは遅いので、肺がん検査キットなどを用いて早期発見しましょう。

----------【広告】----------

----------【広告】----------
【厳選リンク】
国分寺鈴木病院 肺がんのあれこれを徹底解説。
拠点病院 がんの診療連携拠点病院を検索。
がんの治療方法 がんの治療方法の種類を解説。
がんの手術費用 がんの治療費・手術費用。
高額療養費制度 療養費を抑える制度に関する情報。

スポンサードリンク
ウィキペディア要らずの1p(ワンピー) Copyright (C) 2014. SUZ45. All Rights Reserved. お問い合わせ