トップページへ / おすすめサイト
胃がんの初期症状と胃潰瘍との違い総合案内所
【胃がんの初期症状と胃潰瘍との違い総合案内所とは】
胃がんの初期症状と胃潰瘍との違い、関連情報についてレクチャーします。
【胃がんの初期症状】
胃がんの初期症状は、こちら
----------【広告】----------

----------【広告】----------
    《初期症状》・・・初期は特に自覚症状がありませんので、ご注意ください。
  • 胃の慢性的な痛み・もたれ・不快感
  • 食後にみぞおち辺りに違和感・不快感を感じる
  • 食べ物が食道の奥でつかえる
  • 体重減少・食欲不振
  • 胃液が逆流する
  • 腹部の痛みや違和感、膨満感
  • 消化不良
  • 胸焼け・吐き気が続く
  • 悪臭を伴うげっぷが頻繁に出る
  • 上腹部にしこりがある
    《胃がんの進行症状》
  • 血便
  • 貧血
  • 嘔吐
  • 胃痛
  • 黄疸(白目や皮膚が黄色くなる)
  • 腹水(腹腔内に水がたまる)
  • 嚥下困難
【胃がんの関連情報】
    《胃がんになりやすい場合と原因》
  • 「ヘリコバクター・ピロリ菌に感染している」「たばこ」「40歳以上の男性」「家族に胃がんの人がいる」「肉や脂質をよく摂る」「果物や野菜を食べない」「塩分の多い食事」「ストレス過多」「慢性胃炎がある」「胃にポリープがある」。
    《胃がんと胃潰瘍の違い》
  • 「胃がん」・・・がん細胞に侵される病気で、食事とは関わりなく痛みが現れます。治療は、手術、放射線治療、抗がん剤によります。転移が起こることもあります。
  • 「胃潰瘍」・・・胃液で胃の粘膜が炎症を起こし、穴が開いてしまう病気です。主に、食後に痛みが現れます。治療は、食事療法、薬物療法、手術によります。
  • 「共通点」・・・症状は似ています。また、ヘリコバクター・ピロリ菌が原因になることも共通しています。
【豆知識】
  1. 胃がんは遺伝病ではなく、ヘリコバクター・ピロリ菌に感染しているかどうかの違いとも言われます。
  2. ヘリコバクター・ピロリ菌は、50歳以上の70%ほどが感染していると言われます。
  3. 胃がんは、「内視鏡検査」や「X線検査」で病変の有無を調べることができ、組織を採取し、病理検査でがんの確定診断が可能です。
  4. ヘリコバクター・ピロリ菌検査で簡易検査することもできます。

----------【広告】----------

----------【広告】----------
【厳選リンク】
がん情報サービス 胃がんのあれこれを徹底解説。
拠点病院 がんの診療連携拠点病院を検索。
がんの治療方法 がんの治療方法の種類を解説。
がんの手術費用 がんの治療費・手術費用。
高額療養費制度 療養費を抑える制度に関する情報。

スポンサードリンク
ウィキペディア要らずの1p(ワンピー) Copyright (C) 2014. SUZ45. All Rights Reserved. お問い合わせ