トップページへ / おすすめサイト
女性の「アルコール依存症」の初期症状総合案内所
【女性の「アルコール依存症」の初期症状総合案内所とは】
女性の方がアルコール依存症になりやすいという事実と、その初期症状などをまとめました。お酒とはうまく付き合いましょう。
【女性の「アルコール依存症」の初期症状のニュース記事要約】
女性の「アルコール依存症」のニュース記事は、こちら(ソース記事は、予告なく削除されることがあります)。
----------【広告】----------

----------【広告】----------
  • アルコール依存症の患者は、100万人を超えています。
  • 特に、女性の患者は、10年で2倍に増えています。
  • 女性の社会進出が増え、アルコールを摂取する機会が増えり、会社勤めの期間が伸びたり、晩婚化もしくは独身期間が延びたことが原因と考えられています。

  • アルコール依存症の初期症状には、以下のようなものがあります。
    • 飲酒した翌朝、文字が上手く書けない
    • 暑くなのに寝汗を多くかく
    • イライラが止まらない
    • 寝酒が習慣化している
    • 飲酒して寝ると悪夢を見る
    • 夜中に目が覚める

  • アルコール依存症の治療は、精神科の担当で、アルコール依存症に対するプログラムが組まれ、薬物療法が適用されます。ただし、アルコール依存症と自覚する女性が少ないので、悪化してしまう原因にもなっています。
【アルコール依存症のトピックス】
アルコール依存症のトピックスは、こちら
  • 男性は、10〜20年かけてアルコール依存症になるのに対して、女性は、5〜6年で症状が出ます。
  • 女性ホルモンは、アルコールを分解する酵素の働きが妨げられるのが原因と言われています。
  • 女性の方が体脂肪率が高いので、油に溶けにくいアルコールは、女性の体内に蓄積しやすく、血中のアルコール濃度が上がりやすいです。
  • 以下の方は、アルコール依存症に陥りやすいです。
    • キャリアウーマンで、責任感が強く、完璧主義
    • 家に閉じこもり、話し相手がいない
  • アルコール依存症になると、肝臓だけでなく、骨や皮膚にまで悪影響があり、痴呆症になることもあります。
  • アルコール依存症の診断基準は以下です。
    • 飲酒を止められないという強迫観念がある
    • いつでもどこでも飲酒したくなる
    • 飲酒しないと禁断症状が起こり、幻覚やけいれんが起こる
    • 飲酒量の増加
    • 飲酒中心の生活になる
    • 心身の害を認めないで飲酒を続ける
【豆知識】
  1. 妊娠中のアルコールの摂取は、赤ちゃんに悪影響なので、絶対に避けましょう。
  2. 普段は飲まないのに、飲みだすと止まらないのは、アルコール依存症の予備軍です。
  3. 就寝2〜3時間前には、飲み終えて、規則正しく睡眠をとりましょう。

----------【広告】----------

----------【広告】----------
【厳選リンク】
JIJICO 最新医療ニュースなどのまとめサイト。

スポンサードリンク
ウィキペディア要らずの1p(ワンピー) Copyright (C) 2014. SUZ45. All Rights Reserved. お問い合わせ