トップページへ / おすすめサイト
大腸菌ダイエットと抗肥満薬総合案内所
【大腸菌ダイエットと抗肥満薬総合案内所とは】
食欲を抑制する大腸菌を用いたダイエットの可能性と、抗肥満薬のご紹介をします。
【大腸菌ダイエットのニュース記事要約】
大腸菌ダイエットのニュース記事は、こちら(ソース記事は、予告なく削除されることがあります)。
----------【広告】----------

----------【広告】----------
  • マウスに遺伝子操作した大腸菌を与えたら、食欲が抑制され、ダイエットに成功しました。
  • この大腸菌は、腸内で「NAPE(N-アシルホスファチジルエタノールアミン)」という化学物質を作り出すように設計されています。
  • 「NAPE」は、腸内で、食べ物を消化した時に作られるホルモンに変わり、そのホルモンは、血液から脳に達し、食欲を抑制します。
  • 実験では、飲み水と一緒にこの大腸菌を与えたマウスは、食事量が少なくなり、体重が減りました。
  • さらに、糖尿病の指標となるインスリン抵抗性も低くなりました。
  • この大腸菌は、腸内で約4週間生存可能です。
【抗肥満薬のご紹介】
抗肥満薬は、肥満を抑制・防止する薬です。医療用抗肥満薬としては、「サノレックス」と「ゼニカル」が開発されています。これらの薬でダイエットできれば、肥満が原因の糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病を改善・予防できます。病院で処方してもらいましょう。抗肥満薬の詳細は、こちら
  • 「サノレックス」・・・服用すると、摂食中枢に直接作用し、食欲を抑制するので、摂取カロリーを減らして、ダイエットすることができます。厚生労働省で認可されています。
  • 「ゼニカル」・・・脂肪の分解を抑え、脂肪の吸収ができないようにして肥満を改善します。特に、脂っこい食事をする場合には有効です。FDA(米国食品医薬品局)で認可された処方箋薬です。
【豆知識】
  1. 抗肥満薬は、あまり効かないと言われています。
  2. ゲノム創薬の開発で、画期的な薬が出現することが予想されています。

----------【広告】----------

----------【広告】----------
【厳選リンク】
lifehacker 最新医療ニュースなどのまとめサイト。

スポンサードリンク
ウィキペディア要らずの1p(ワンピー) Copyright (C) 2014. SUZ45. All Rights Reserved. お問い合わせ