トップページへ / おすすめサイト
「過敏性腸症候群」で起こる下痢や腹痛を治す総合案内所
【「過敏性腸症候群」で起こる下痢や腹痛を治す総合案内所とは】
緊張した時などに下痢や腹痛になったりすることは多々ありますが、「過敏性腸症候群」という症状かもしれません。長く続くようでしたら、病院に行って検査・治療してもらいましょう。
【「過敏性腸症候群」で起こる下痢や腹痛を治すのニュース記事要約】
「過敏性腸症候群」で起こる下痢や腹痛を治すのニュース記事は、こちら(ソース記事は、予告なく削除されることがあります)。
----------【広告】----------

----------【広告】----------
  • 緊張したり、通勤通学の時などに腹痛や下痢、便秘の症状になることがよくあります。
  • 特に、20〜40歳くらいの人に多く、「過敏性腸症候群」と呼ばれる症状が疑われます。
  • 生活習慣の乱れや暴飲暴食、ストレスが原因である場合が多いです。
  • 病院で検査をすると、炎症や腫瘍ができているわけではなく、内臓の運動や知覚の調節を行う自律神経の障害が原因であると診断されることがよくあります。
  • 症状が長引くときには、病院に行くことをおすすめします。最近では、多種の治療薬があり、薬で改善する場合も多々あります。

  • 一方で、中高年の方に多い、「過活動膀胱」になると、頻繁に尿意を感じてしまいます。
  • 病院で、治療薬を処方してもらいましょう。
  • 病院に行ったら、膀胱の細菌感染や前立腺がんなどの可能性の有無も検査してもらうと安心です。

  • 誰でも緊張したりすると、下痢や腹痛になるものです。以下のような手順で、対応しましょう。
    1. ストレスを軽減し、規則正しい生活を送りましょう。
    2. 病院で診察してもらって、治療薬を処方してもらいましょう。
    3. 治療薬でも治らなければ、診療内科や精神科のカウンセリングを受けましょう。
【「過敏性腸症候群」の治療法】
治療法の詳細は、こちら
  • 「食事療法」・・・香辛料、脂っこい食べ物、冷たい飲食物、乳製品、アルコールの摂取を控えます。
  • 「運動療法」・・・体操や散歩などの適度な運動は、腸の働きを整え、ストレス発散にもなります。
  • 「薬物療法」・・・以下のような治療薬があります。
    • 「セロトニン3受容体拮抗薬」・・・腸でのセロトニンの働きを抑え、下痢を治療します。
    • 「高分子重合体」・・・便に含まれる水分を調整して、便の硬さを調節します。
    • 「消化管運動調節薬」・・・消化管の動きを調節します。
    • 「乳酸菌製剤」・・・腸内の乳酸菌を増やして腸内環境を整えます。
    • 「下剤」・・・腸の運動を活発にしたり、便を軟らかくします。
    • 「抗コリン薬」・・・腸の異常運動を抑制し、腹痛を抑えます。
【豆知識】
  1. 昔は、飲食物が不衛生だったりして下痢になることも多かったんですが、最近は、専らストレスが原因になっています。
  2. 便が硬くて痔になる場合などにも有効な薬もあります。

----------【広告】----------

----------【広告】----------
【厳選リンク】
JIJICO 最新医療ニュースなどのまとめサイト。

スポンサードリンク
ウィキペディア要らずの1p(ワンピー) Copyright (C) 2014. SUZ45. All Rights Reserved. お問い合わせ