トップページへ / おすすめサイト
埋め込みチップと従来の避妊方法総合案内所
【埋め込みチップと従来の避妊方法総合案内所とは】
埋め込みチップを用いた避妊方法と、従来の避妊方法を紹介します。
【埋め込みチップを用いた避妊方法のニュース記事要約】
埋め込みチップを用いた避妊方法のニュース記事は、こちら(ソース記事は、予告なく削除されることがあります)。
----------【広告】----------

----------【広告】----------
  • 臀部、上腕、腹部の皮下にチップを埋め込むことで、避妊を行うことが可能です。
  • チップは、2×2×0.7cmの大きさをしており、外部から遠隔操作できます。
  • チップに電流を流すと、薬剤が蓄えられているシールが溶かされ、一回分に当たる30マイクログラムが投薬されます。
  • チップには、16年分の薬剤を蓄えられます。
  • 薬剤は、ホルモン剤であるレボノルゲストレルという、経口避妊薬や子宮内避妊具、緊急避妊薬などの有効成分です。
  • マサチューセッツ州のMicroCHIPS社が開発しました。
  • 2018年には、米国で発売開始になります。
【従来の避妊方法の紹介】
避妊方法の詳細は、こちら
  • 「避妊用インプラント」・・・腕などに埋め込んでホルモン剤を投与します。効果は3年ほどです。99%以上の避妊率があります。遠隔操作はできません。
  • 「経口避妊薬」・・・一般的に、「避妊用ピル」と呼ばれるホルモン剤で、3週間服用して、1週間休みます。妊娠する確率は、0.3%ほどです。
  • 「皮膚パッチ」・・・毎週新しいホルモン剤を含むパッチを皮膚に貼り、3週間続けます。4週目は、何も貼りません。パッチ剤は、入浴や運動でもはがれません。
  • 「膣リング」・・・小さなプラスチック製の器具を膣内に装着します。3週間入れ、1週間は外します。医師でなくともご自身で装着可能です。パートナーがリングの存在を感じることはありません。
  • 「避妊薬の注射」・・・ホルモン剤を3か月に1回注射する方法ですが、副作用が激しいので、あまりおすすめできません。
  • 「緊急避妊」・・・避妊をせずに性交したり、コンドームが破れるなどして避妊に失敗した時などに、ホルモン剤を服用します。72時間以内に服用する必要があります。

  • 「コンドーム」・・・破れやすいという欠点はあるものの、HIV感染なども防げるという利点があります。
  • 「避妊用ベッサリー」・・・ドーム状のゴム製のカップで、膣から挿入して子宮頸部にかぶせて、精子の侵入を防ぎます。
  • 「子宮頸部キャップ」・・・避妊用ベッサリーと似ていますが、より小さく硬く、子宮頸部にぴったりかぶせます。
  • 「避妊用スポンジ」・・・膣にスポンジを挿入して、精子が子宮に入るのを防ぎます。

  • 「殺精子剤」・・・性交前に膣に入れ、精子を殺す薬です。

  • 「子宮内避妊具」・・・「IUD」とも呼ばれる小型のプラスチック製の器具で、子宮内に装着して使います。一旦装着すれば、5〜10年はそのままで大丈夫です。脱着も実に簡単です。

  • 「カレンダー法」・・・最近の12回の月経周期から受精しやすい期間を推定します。期間中の周期が、25〜28日だった場合、最短の25から「18」を引き、最長の28から「11」を引くと、「7」と「17」となります。そこで、この7〜17日目の性交を避けます。
  • 「温度法」・・・基礎体温が0.5度ほど上がったら、少なくとも72時間は性交を避けます。
  • 「粘液法」・・・膣からの分泌液に粘液が出現したら、排卵が示された後、3〜4日は性交を避けます。
  • 「症状体温法」・・・「カレンダー法」「温度法」「粘液法」を併用する方法です。上手くすれば、妊娠率は、年2%ほどです。
【豆知識】
  1. 埋め込みチップの技術は、他の人から遠隔操作されないように、データを暗号化するとともに、チップを埋め込んだ部分の皮膚に接触するように近づけて遠隔操作することを想定しています。
  2. 埋め込みチップの技術は、ビル・ゲイツが注目している技術で、ゲイツ氏の慈善団体も重点を置いています。
  3. 排卵前の5日以内と、排卵後12時間以内の性交は、受精が起こる可能性が増します。

----------【広告】----------

----------【広告】----------
【厳選リンク】
WIRED 最新医療ニュースなどのまとめサイト。

スポンサードリンク
ウィキペディア要らずの1p(ワンピー) Copyright (C) 2014. SUZ45. All Rights Reserved. お問い合わせ