トップページへ / おすすめサイト
iPhoneを用いた人工膵臓と糖尿病の治療方法総合案内所
【iPhoneを用いた人工膵臓と糖尿病の治療方法総合案内所とは】
開発途中のiPhoneを用いた人工膵臓のご紹介と、糖尿病の治療方法について解説します。
【iPhoneで糖尿病を治療する方法のニュース記事要約】
iPhoneで糖尿病を治療する方法のニュース記事は、こちら(ソース記事は、予告なく削除されることがあります)。
----------【広告】----------

----------【広告】----------
  • 体内に、「血糖値センサ」と「ホルモンを出す小型ポンプを2つ」を埋め込みます。
  • 血糖値センサが体内の血糖値を感知し、体外のiPhoneで計算して、インスリンとグルカゴンを体内のポンプから出して治療を行うことができます。
  • 対象は主に、1型糖尿病の患者さんです。
  • 今は、一日に注射などするインスリンの量を患者が計算しなければならないので、この技術が確立すれば、画期的に治療が楽で確実なものになります。
  • 現在は、まだまだ試験的な段階です。
【糖尿病の治療方法】
現在行われている糖尿病の治療方法の詳細は、こちら
  • 「食事療法」・・・下記のカロリーに標準体重をかけた値が一日の摂取量の目安です。
    • 「デスクワークや主婦」・・・25〜30kcal
    • 「立ち仕事」・・・30〜35kcal
    • 「重労働」・・・35kcal〜
  • 「運動療法」・・・食事療法と合わせて運動をすることも重要です。
    • 最低でも2日に一回はできるような運動を継続しましょう。
    • 運動の目安は、一日30分。急に始めたり終了しないで、ゆっくりスタートさせ、ゆっくり終わりましょう。ウォーキングならば、一回20分を目安に、一日一万歩くらいが適当でしょう。
    • 少し汗ばむ程度がよく、疲れすぎるのであればセーブした方がベターです。
    • 食後1〜2時間後に運動を行うと、食後の血糖値の上昇が抑制できます。
    • 運動の記録をとると、最適な運動が把握できます。
  • 「薬物療法」・・・主な薬物療法は、血糖値を下げる飲み薬「血糖降下薬」と、インスリンが不足している患者向けの「インスリン注射」があります。食事療法や運動療法で効果があまりない場合に行います。
  • 「入院」・・・手術する訳ではなく、生活の仕方や食事療法の練習などを兼ねて、1〜2週間くらい入院することもあります。
【豆知識】
  1. 将来的には、体内の機器をスマートフォンが自動制御して、画期的な治療が行われる可能性があります。また、制御する機器も体内に埋め込み、全自動で治療を行う研究も進んでいます。

----------【広告】----------

----------【広告】----------
【厳選リンク】
GIZMODE 最新医療ニュースなどのまとめサイト。

スポンサードリンク
ウィキペディア要らずの1p(ワンピー) Copyright (C) 2014. SUZ45. All Rights Reserved. お問い合わせ