トップページへ / おすすめサイト
地球温暖化問題現状と対策総合案内所
【地球温暖化問題現状と対策総合案内所とは】
地球温暖化問題とは、地球表面の大気や海洋の温度が上昇する問題。地球温暖化は自然由来の要因と人為的な要因に分けられます。20世紀後半の地球温暖化に関しては、人間の産業活動等に伴って排出された人為的な温室効果ガスが主因となって引き起こされているとする説が有力。このサイトでは、この地球温暖化について論じます。
【地球温暖化問題の現状】

----------【広告】----------

----------【広告】----------
  • 地球の平均気温は揺らぎながらも明白な上昇傾向を示しており、1906年〜2005年の100年間で0.74℃(誤差は±0.18°C)上昇しています。
  • 2007年2月には国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が発行した第4次評価報告書(AR4)で集約された科学的知見によれば、2100年には平均気温が最良推定値で1.8〜4°C(最大推計6.4°C)、海面水位は平均推計で38.5cm(最大推計59cm)上昇するとされています。
  • 種々の地球温暖化要因のうちで、唯一、人為的制御が可能なものは、温室効果ガス削減です。そこで世界的な削減義務としての京都議定書が1997年に議決され2005年に発効し、議定書の目標達成を目処に削減が行われてきました。欧州では順調に削減が進み、目標達成の目処が立っています。しかし主要排出国の米国が参加しておらず、また先進国のカナダが目標達成をあきらめたり、日本が削減義務達成に失敗しそうな情勢になっています。途上国の排出量を抑制する道程も定まっていません。
  • AR4によって、「人為的な温室効果ガスが地球温暖化の原因である確率は9割を超える」と報告されました。
【各国の地球温暖化への対策】
  • イギリスや旧東欧圏を含む欧州を中心に再生可能エネルギーの普及が強力な政策と共に進められています。米国でもカリフォルニア州などを中心に積極的な導入の動きが見られます。
  • 原子力発電を緩和手段として普及させる動きもあるが、震災で一転、反対派が多数を占めます。
  • 水素エネルギーの開発が各国で行われています。
  • 燃料電池や新型蓄電池などエネルギー貯蔵手段の開発が活発に行われています。
  • 電気自動車、水素自動車、バイオ燃料などの開発が活発です。
【地球温暖化の情報提供サイト】
ぼくらの地球【地球温暖化教室】 地球温暖化について美しく解説。
マイロク先生の地球一よくわかる温暖化問題 アニメーションで地球温暖化を説明。
国立環境研究所 お堅い感じの地球温暖化の説明。
京都議定書 迷走状態の地球温暖化対策。
地球温暖化に対する懐疑論 色んな視点から地球温暖化を検証。
JCCCA 全国地球温暖化防止活動推進センター 地球温暖化ライブラリーが充実。
【地球温暖化対策の情報提供サイト】
地球温暖化研究プログラム - CGER 研究プロジェクトが充実。
脱温暖化2050研究プロジェクト 脱温暖化のプロジェクトが充実。
地球温暖化研究プログラム | 国立環境研究所 地球温暖化対策を図説。
地球温暖化研究の最前線 地球温暖化研究の最前線。
【豆知識】
  1. イギリスの東アングリア大学気候研究部で地球温暖化について研究している科学者達のやり取りが保存されているサーバから、凡そ60メガバイトのメールがハッキングによって公開されました。その内容は、人為的温暖化説を推し進めるための裏工作を暴露するもので、「中世温暖期を抹消しなくては」といった発言や科学データの改ざん交渉等、IPCC等に対しても非常に強い影響力を持っているこの7人の科学者達のメールが1000通以上も記録されています。
  2. 金属や試薬を用いてCO2を減らすのは、回りくどい。いっそ 『 CO2=C+O2 』 という計算式は成り立たないだろうか。これを発見すれば、確実にノーベル賞です。いずれ開発されるであろう。

----------【広告】----------

----------【広告】----------

スポンサードリンク
ウィキペディア要らずの1p(ワンピー) Copyright (C) 2007. SUZ45. All Rights Reserved. お問い合わせ