トップページへ / おすすめサイト
シェールガス革命と問題点総合案内所
【シェールガス革命とは】
米国などで開発が進んでいるシェールガスについて概説します。特に、ここ数年は、目覚ましい開発競争で、シェールガス革命とまで言われています。世界のエネルギー事情を変えてしまうほどの革命が今まさに起きているのです。
【シェールガス革命の問題点とは】
シェールガスの問題点の詳細は、こちら
----------【広告】----------

----------【広告】----------
  • 2009年、オバマ大統領は、シェールガスは温室効果ガス排出量を減らすことができるとの見解を示したが、その後シェールガスの温室効果ガス排出量が、天然ガスや石油よりも大きくなるとの指摘が上がるようになりました。
  • 2010年、コーネル大学のロバート教授の報告によると、メタンは、二酸化炭素の21倍の地球温暖化係数を持つことが判りました。つまり、環境問題を考えると、割に合わない代物だということになります。
  • 水圧破砕には、大量の水が必要で、排水処理が問題化しています。破砕後の有害物質を含む水が地下水に混ざってしまうのです。
  • エコだと思われたシェールガスでしたが、実際には、水圧破砕を行う際に、有害物質を使うため、それが地下水に混ざり、水道から出てくる水に火を近づけると燃えるという事態になっています。
  • 採掘により、断層が滑りやすくなり、米国では地震が多発し、観測史上最大級の地震も観測されました。
【シェールガス革命とは】
シェールガス革命の詳細は、こちら
  • シェールガス(shale gas)は、頁岩(シェール)と呼ばれる地層から採取される天然ガスのこと。
  • 当初は、シェール層の割れ目からシェールガスを抜き取っていましたが、シェール層に割れ目を入れる技術が開発されました。それが「水圧破砕」と呼ばれる技術です。
  • さらに、「水平坑井掘削技術」と呼ばれる、シェール層に沿って、3000メートルもの横穴を掘ることに成功しました。
  • これにより、産出減価の徹底的な低減がなされ、一気に産出ブームになりました。これが「シェールガス革命」です。
【厳選リンク】
ウィキペディア シェールガスについて詳説。
NAVER シェールガスに関するトピックが充実。
毎日jp シェールガス革命についてのニュースを提供。
【豆知識】
  1. テキサス州バーネットシェールでは、シェールガス革命に沸きに沸きました。
  2. ジョン・レノンの息子が、環境破壊の危険があるとして、大々的に批判しています。

----------【広告】----------

----------【広告】----------

スポンサードリンク
ウィキペディア要らずの1p(ワンピー) Copyright (C) 2012. SUZ45. All Rights Reserved. お問い合わせ