トップページへ / おすすめサイト
うつ病症状総合案内所
【うつ病症状総合案内所とは】
うつ病症状総合案内所とは、うつ病の概要から症状詳細までを紹介し、うつ病にならないよう、そしてうつ病になったらどうするか、そんなことを考えていこうというサイトです。うつ病(鬱病、欝病)とは、気分障害の一種であり、抑うつ気分や不安・焦燥、精神活動の低下、食欲低下、不眠症などの症状を特徴とする精神疾患です。景気低迷時の昨今、一億総うつ病の時代です。誰もがうつ病の要素をもっています。一度、うつ病と向き合ってみましょう。
【うつ病の症状】
うつ病の症状は、こちら
----------【広告】----------

----------【広告】----------
  • 「うつ気分」・・・「うつ病」の症状は午前中にピークを迎え、午後から夕方に改善する。
  • 「食欲の減退または増加」・・・食欲がなくなった人は「何を食べても、砂を噛んでいるようだ」「食べなくてはいけないと思うから、口の中に無理に押し込んでいる」と訴えることがよくあります。あまりに食欲がなくなって、一ヶ月に4キロも5キロも体重が減少してしまうこともあります。
  • 「強い罪責感」・・・うつ病になると、根拠なく自責の念を強めたり、些細な出来事を思い出しては悩んだりします。症状が進むと、不況のために会社の業績が落ちていることまで自分の責任のように感じたり、不況になったことさえも自分のせいだと妄想的に思いこむようになったりもします。
  • 「自殺への思い」・・・うつ病になると、死んだ方がましだと考えるようになり、欧米の研究では、重度のうつ病にかかった人の15%が自殺していることがわかっています。
【豆知識】
  1. 現在でこそ一般にも広く知れ渡っている病気であるが、以前は十分な理解が得られず「怠け病」などと呼ばれていた。
  2. アメリカ合衆国の診断基準ガイドラインであるDSM-IV-TRでは、「大うつ病性障害」(英語:major depression)と呼ばれている。
  3. 「脳の病気」という面では、セロトニンやノルアドレナリンの不足を原因とする仮説に基づく場合では、脳内に不足している脳内物質(セロトニン、ノルアドレナリンなど)の分泌を促進させる薬物治療を行う。これが日本国内では心療内科や精神科におけるうつ病治療の主流になっている。
  4. うつ病を反復する症例では、20年間の経過観察で自殺率が10パーセント程度とされている。
  5. 男女比では、男性より女性のほうが2倍ほどうつ病になりやすいとされている。

----------【広告】----------

----------【広告】----------
【厳選リンク】
うつ病ドリル うつ病の症状と種類について詳説。
唐木心療内科クリニック うつ病の症状と治療について詳説。
メディカルiタウン うつ病のチェックと病院探しができる。

スポンサードリンク
ウィキペディア要らずの1p(ワンピー) Copyright (C) 2012. SUZ45. All Rights Reserved. お問い合わせ