トップページへ / おすすめサイト
フィンテック(FinTech)の意味総合案内所
【フィンテック(FinTech)の意味】
フィンテック(FinTech)まとめの詳細は、こちら
----------【広告】----------

----------【広告】----------
    《フィンテック(FinTech)の意味》
  • 「金融(Finance)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語。
  • 主なところでは「金融サービス」と「IT技術」を融合して、決済を行う「PayPal」や「モバイル決済」などが該当します。
    《フィンテック(FinTech)の歴史》
  • 米国では、皮肉にも、2008年のリーマンショックで、普及し始めました。
  • 日本では、2014年くらいから普及し始め、楽天やヤフーなどが参入しています。
  • ただ、「おサイフケータイ」も一種のフィンテックと言えるでしょう。
    《フィンテック(FinTech)の最近の動き》
  • 決済、送金、口座管理、そして不正監視などの新サービスがあります。
  • 人工知能で資産運用しているサービスもあります。
  • 米国では、複数枚のカードを一枚にまとめる「電子カード」の普及が盛んです。
  • 日本では、銀行による異業種の参入は認められていないので、かなりの足かせになっています。
 
【姉妹サイト】
【豆知識】
  1. 「FinTech」は、アメリカで作られた造語なので、海外でも通じます。
【厳選リンク】
FinTech FinTechのウィキペディアの記事。

スポンサードリンク
ワンP百科事典 Copyright (C) 2016. SUZ45. All Rights Reserved. お問い合わせ