トップページへ / おすすめサイト
超初心者の無料ホームページテンプレート作成総合案内所
【超初心者の無料ホームページテンプレート作成総合案内所とは】
ホームページのテンプレートは多々あれど、初心者には難しすぎます。そこで、本当に簡単なホームページを作るための初心者向けのテンプレートを作成しました。基本から学びたい場合にうってつけです。
【超初心者の無料ホームページテンプレート作成】
ホームページ作成の詳細は、こちら
----------【広告】----------

----------【広告】----------
  1. まずは、2つのテンプレートをご提供します。「HTML」「CSS」です。
  2. それぞれ、クリックした後、画面上でマウスの右クリックを押し、「名前を付けて保存」を選択し、保存します。「HTML」ファイルは、「(ファイル名).htm」か「(ファイル名).html」という拡張子を付けて保存しましょう。どちらでもいいんですが、ご契約のプロバイダで指定されている場合もありますので、調べてから保存するとよいでしょう。「CSS」ファイルは、「CSS.txt」ではなく、「CSS.css」という拡張子で保存します。ファイル名を変えた場合は、「HTML」ファイル内のリンクのところも変えます。
    • HTML」・・・ファイルを保存し、開き、★が付いているところを書き込んでください。「タイトル」は検索のときに出てくる文字になるので、検索結果に引っかかりやすいものにしましょう。「キーワード」は、検索で引っかかりやすくなるようにいくつか文字を記入します。「meta name=Description content」というところには、検索結果のタイトルの下に表示される文字列を記入します。重要なキーワードを列挙するとよいでしょう。「CSS.css」というところのファイル名は、保存したファイル名に変更します。「h1、h2・・・」は、見出しに使う文字を記入します。大きな字で表示されるので、見やすくなります。「p」と「/p」の中には、本文を記入します。
    • CSS」・・・初心者の方には難しいと思うので、深く考える必要はありません。「max-width」は、横幅を指定するもので、「800px」くらいにしておけばよいでしょう。
  3. 「FFFTP」などのファイル転送ソフトを用いて、「HTML」「CSS」を同じフォルダ内に転送します。
【ホームページ作成 姉妹サイト 初級編】
【豆知識】
  1. 「CSS」を用いると、全体のレイアウトなどを一括で変更できるので便利です。特に、このサイトでご紹介したCSSファイルは、全体を中央に配置できるので、大変便利です。

----------【広告】----------

----------【広告】----------
【厳選リンク】
とほほのWWW入門 ホームページ作りを徹底解説。

スポンサードリンク
ウィキペディア要らずの1p(ワンピー) Copyright (C) 2015. SUZ45. All Rights Reserved. お問い合わせ