トップページへ / おすすめサイト
超初心者のホームページのビデオ動画が表示されない総合案内所
【超初心者のホームページのビデオ動画が表示されない総合案内所とは】
超初心者向けにホームページでビデオ動画を表示する方法と、ビデオ動画が表示できない場合の対処方法について概説します。
【超初心者のホームページのビデオ動画が表示されない場合の対処方法】
ホームページ作成の詳細は、こちら
----------【広告】----------

----------【広告】----------
  • ビデオ動画が表示されない原因の筆頭は、ビデオ動画ファイルが上手くアップロードされていない場合です。FTPソフトで、HTMLファイルをサーバーにアップロードした際に、ビデオ動画ファイルもしっかりとアップロードしましょう。
  • HTMLファイルでビデオ動画ファイルを「http://」で指定した場合には、両ファイルをサーバーにアップロードしないとビデオ動画は表示されません。ビデオ動画ファイルをHTMLファイルで指定したところにしっかりとアップロードしましょう。
  • ビデオ動画ファイルとHTMLファイルを同じフォルダに保存し、「http://」ではなく、ビデオ動画ファイル名で指定すれば、アップロードしなくてもビデオ動画を表示することができます。試行錯誤してHTMLファイルを作成したい場合には、同じフォルダに保存することをおすすめします。
  • ビデオ動画ファイル名やフォルダ名などが間違っていないか確認しましょう。
  • 「.mp4」などの拡張子が間違っていないか確認しましょう。
【超初心者のホームページのビデオ動画の表示方法】
  • ビデオ動画ファイルを表示するテンプレートをご提供します。「HTML-video」です。クリックした後、画面上でマウスの右クリックを押し、「名前を付けて保存」を選択し、保存します。「HTML-video」ファイルは、「(ファイル名).htm」か「(ファイル名).html」という拡張子を付けて保存しましょう。どちらでもいいんですが、ご契約のプロバイダで指定されている場合もありますので、調べてから保存するとよいでしょう。既に、ファイルがあれば、必要なところだけコピー&ペーストすればいいでしょう。
  • HTML-video」内のように「video src="」の後に、リンクさせたいURLを記入します。同じフォルダにファイルがある場合には、ファイル名だけ記載すれば大丈夫です。
  • 「 autoplay」は、クリックした際に、自動的にビデオ動画を再生するためのもので、必須ではありません。
  • 「 loop」は、繰り返し再生するためのもので、必須ではありません。
  • 「p」〜「/p」は、先方のブラウザがビデオ動画ファイルの表示に対応していない場合に、ビデオ動画ファイルの代わりに表示する文字を表示します。なくても大丈夫です。
【ホームページ作成 姉妹サイト 初級編】
【豆知識】
  1. 「.mp4」などのビデオ動画ファイルの拡張子を変える際には、ファイル名を変更しただけでは上手くいきません。動画ソフトなどで、ビデオ動画ファイルを開き、「名前を付けて保存」で、拡張子を変える必要があります。

----------【広告】----------

----------【広告】----------
【厳選リンク】
とほほのWWW入門 ホームページ作りを徹底解説。

スポンサードリンク
ウィキペディア要らずの1p(ワンピー) Copyright (C) 2015. SUZ45. All Rights Reserved. お問い合わせ