トップページへ / おすすめサイト
Windows10のアップグレードに失敗した時の復元方法総合案内所
【Windows10のアップグレードに失敗した時の復元方法】
Windows10のまとめの詳細は、こちら
----------【広告】----------

----------【広告】----------
  • Windows10のアップグレードに失敗した時の復元方法について概説します。

  • 復元には、前バージョン(Windows7/8.1)の「システム修復ディスク」が必要になります。もし、作っていなかったら、正常に動く同じバージョンのPCを使って作成しましょう。
  • さらに、「システムイメージ」を作成していれば、PCを元の状態にすることができます。
    《Windows10のアップグレードに失敗した場合》
  1. CD/DVD/BDディスク(回復ドライブ)に「システム修復ディスク」の入ったメディアを入れます。
  2. PCの起動時に、F12キー(PCにより違うので、マニュアル参照)を押したままにします。
  3. 自動的に、回復ドライブから起動します。
  4. 起動したら、CD/DVD/BDディスクに「システムイメージ」の入ったメディアを入れます。
  5. キーボードの選択画面になるので、「日本語」を選択します。
  6. 「オプションの選択」画面で、「トラブルシューティング」を選択。※ここで、「続行」を押せば、Windows10が起動するので、必要に応じて、データのバックアップをとっておきましょう。
  7. 「詳細オプション」−「イメージでシステムを回復」と進むと、回復するOSが出てくるので、前バージョンのOSを選択します。
  8. 「システムイメージの選択」になるので、所望のものを選びましょう。
  9. 「パーティション」の欄には、チェックを入れず、「次へ」をクリック。
  10. 復元元の確認をして、「完了」をクリック。
  11. 復元されると、今のデータは上書きされるという警告が出ますが、「はい」をクリックします。
 
【姉妹サイト】
【豆知識】
  1. 最新のPCには、CD/DVD/BDドライブがないことが多いので、USBメモリーに「システム修復ディスク」や「システムイメージ」を作成すべきです。
【厳選リンク】
Windows10 Windows10の公式ヘルプサイト。

スポンサードリンク
ワンP百科事典 Copyright (C) 2016. SUZ45. All Rights Reserved. お問い合わせ