トップページへ / おすすめサイト
Windows10にする前に7/8.1のバックアップを取る方法総合案内所
【Windows10にする前に7/8.1のバックアップを取る方法】
Windows10のまとめの詳細は、こちら
----------【広告】----------

----------【広告】----------
  • Windows10にアップグレードする前にWindows7/8.1のバックアップを取る方法を概説します。

  • 「システム修復ディスク」・・・Windows10にアップグレードした後に、Windowsが起動できなくなっても、「システム修復ディスク」から起動して、「スタートアップ修復」や「システムの復元」などの修復作業を実行して、元通りにすることができます。
  • 「システムイメージの作成」・・・Windows10にアップグレードした後に、パソコンに問題が発生した場合に、「システム修復ディスク」で、ディスクを修復し、「システムイメージを作成」した時点の状態に復元することができます。
    《システムイメージの作成》
  1. 画面左下の「スタートボタン」を押し、「コントロールパネル」を選択。
  2. 「バックアップと復元」−「システムイメージの作成」をクリック。
  3. バックアップデバイスを検索するので、少し待ちます。
  4. イメージの保存先を選択し、「次へ」をクリックします。※PCが壊れた時のことも考え、DVDなどに保存することをおすすめします。
  5. 「バックアップの開始」をクリックすれば、しばらくして、システムイメージの作成が完了します。
  6. 「システム修復ディスクを作成しますか?」というメッセージが出たら、「はい」をクリック(作成は、以下参照)。※「システム修復ディスク」は、「システムイメージの作成ディスク」と同じものを選ぶと後々楽です。
    《システム修復ディスクの作成》
  1. 画面左下の「スタートボタン」を押し、「コントロールパネル」を選択。
  2. 「バックアップと復元」−「システム修復ディスクの作成」をクリック。
  3. 「CD」または「DVD」などをセットします。容量は200MBほどなので、「CD」でも十分です。
  4. 「CD/DVD」のある「ドライブ」を選択して、「ディスクの作成」をクリックすれば、完了です。※10分ほどかかります。
 
【姉妹サイト】
【豆知識】
  1. Windows7では、「USBメモリー」にシステム修復ディスクの作成をすることができません。
  2. システムイメージの作成は、2TBまでバックアップ可能です。
【厳選リンク】
Windows10 Windows10の公式ヘルプサイト。

スポンサードリンク
ワンP百科事典 Copyright (C) 2016. SUZ45. All Rights Reserved. お問い合わせ