トップページへ / おすすめサイト
HTTPとHTTPSの違い総合案内所
【HTTPとHTTPSの違いとは】
HTTP(HyperText Transfer Protocol)とは、インターネットのウェブサイトに文字だけでなく、画像や動画を表示したり、リンクを設定したりできる規約のことです。一方、HTTPS (Hypertext Transfer Protocol over Secure Socket Layer) とは、HTTP通信でのデータのやり取りを暗号化するもので、セキュリティを向上させるために使用されています。
【HTTPとHTTPSの概要】
HTTPとHTTPSの概要は、こちら
----------【広告】----------

----------【広告】----------
    《HTTP》
  • HTTP(HyperText Transfer Protocol)とは、インターネットのウェブサイトに文字だけでなく、画像や動画を表示したり、リンクを設定したりできる規約のことです。
  • HTTPの規定により、色々なブラウザで、ウェブサイトに埋め込まれた画像や動画が同じように表示されたり、リンクで別サイトを表示させることができます。
    《HTTPS》
  • HTTPSは、「SSL (Secure Sockets Layer) /TLS (Transport Layer Security)」 と表記されることもあり、サイトの安全性を高めるための規約です。
  • HTTPSの核心技術である「SSL」は、ネットスケープコミュニケーションズにより、開発され、現在では広く、認証や通信の暗号化のために使用されています。
  • 特に、口座番号や住所などの個人情報の送受信や電子決済など、高いセキュリティが必要な場面で利用されています。
  • HTTPSの送受信では、サーバーとクライアントの認証やメッセージの暗号化、セッションの管理をすることにより、なりすましや盗聴の被害から守ります。
  • HTTPSの利用に際して、HTTPS通信は入力したすべての処理を完全に守る、という認識がありますが、これは誤解で、通信を暗号化して、通信時の盗聴などを防いでいるだけです。つまり、入力した事項が通信以外の段階に盗聴などをされる可能性は残ります。
  • かと言って、「http://」から始まるサイトに、「https://」と「s」を付けても暗号化されるわけではありません。あくまでも、運営先が暗号化に対応している場合に可能な設定です。
  • HTTPSを導入して、サイトのセキュリティを高めるには、「シマンテック・ウェブサイトセキュリティ」などの専門業者に問い合わせましょう。
【豆知識】
  1. HTTPSは、「mixi」や「災害用ブロードバンド伝言板」などで、利用されています。
  2. HTTPSが採用されているサイトは、URLの左に緑色で「https」と書かれています。

----------【広告】----------

----------【広告】----------
【厳選リンク】
ウィキペディア 少し難しいんですが、情報を的確に網羅しています。

スポンサードリンク
ウィキペディア要らずの1p(ワンピー) Copyright (C) 2012. SUZ45. All Rights Reserved. お問い合わせ