トップページへ / おすすめサイト
スマホ格安SIM比較 結局いくらかかるの総合案内所
【スマホ格安SIM比較 結局いくらかかるの総合案内所とは】
スマホの格安SIMの説明と、比較サイトの情報をリンクさせ、スマホ格安SIMの比較と、結局いくらかかるのかの解説を行います。
【スマホ格安SIM比較 結局いくらかかるの】
スマホ格安SIM比較 結局いくらかかるのの詳細は、こちら
----------【広告】----------

----------【広告】----------
≪格安スマホの分類≫・・・結局いくらかかるのかは、それぞれの分類をクリックすると、一覧で出てきます。
  • SIMカード」・・・今使っているスマホを利用するプランです。[メリット]端末代などがかからないので、比較的安く済みます。[デメリット]今お使いのスマホが利用できないことも多くあります。対応端末をご確認ください。
    • データ専用SIM」・・・[メリット]とにかく安い。一月の利用制限などが緩く、データ通信メインならば問題なく使えます。[デメリット]音声通話はできません。
    • 音声通話SIM」・・・[メリット]格安で、音声通話もできます。[デメリット]通話料金は、プランに組み込まれていないので、長く電話をする方は、高くつくことがあります。

  • 格安スマホ」・・・スマホの端末とSIMカードをセットで購入するプランです。[メリット]いわゆるキャリア回線を利用しているので、回線品質は従来のスマホとほぼ同じです。[デメリット]キャリアメールは使えなくなってしまいます。機種によっては、おサイフケータイ、ワンセグ、フルセグなども使えません。キャリアの家族割などのサービスが少ないです。
    • 音声通話あり」・・・[メリット]MNPに対応しているので、今の電話番号を引き続き使用できます。[デメリット]通話料金は、プランに組み込まれていないので、長く電話をする方は、高くつくことがあります。
    • 音声通話なし」・・・[メリット]比較的安い。[デメリット]通常の電話はできませんが、LINE無料通話はできます。一月の利用制限が比較的少ないので、データ通信も少し不安があります。
【姉妹サイト】
【豆知識】
  1. SMSに対応していないと、スマホアプリの登録などで不具合が生じることがあります。
  2. キャリア回線を利用する際に、ユーザー数が多いと遅滞が生じることがあります。そのため、通信制限がある場合が多いです。
  3. スマホだけでなく、タブレットでも「格安SIM」を利用できることがあります。「タブレット」でご確認ください。
【厳選リンク】
価格.com 格安スマホやSIMの情報が手に入る情報源。

スポンサードリンク
ワンP百科事典 Copyright (C) 2015-2016. SUZ45. All Rights Reserved. お問い合わせ