トップページへ / おすすめサイト
GoogleDriveのocrができない総合案内所
【GoogleDriveのocrができない総合案内所とは】
「GoogleDrive」のocrのやり方と、ocrができない場合の対処方法について解説します。
【GoogleDriveのocrのやり方】
GoogleDriveのocrのやり方の詳細は、こちら
----------【広告】----------

----------【広告】----------
    《概説》
  • 「GoogleDrive」は、インターネット上に写真やファイルを保存できるストレージサービスと呼ばれるサービスです。
  • 「GoogleDrive」は、PC、Android、iOSに対応しています。アプリのダウンロードは、こちらから。また、ドライブにアクセスからログインすれば、ダウンロードなしで、Web版の「GoogleDrive」を利用できます。
  • 「GoogleDrive」では、オフラインで作成したファイルを専用のフォルダに共有・同期されるので、常に新しいデータにアクセスできます。

  • 「ocr」とは、pdf形式や、画像などのファイルをアップロードした際に、文字データと認識して、テキスト形式のファイルに変換する機能です。

  • 以下、「Web版」でのocrのやり方を概説します。

  • Web版にログインし、旧バージョンで表示します。※新バージョンの場合には、画面右上の「歯車」マークをクリックし、「以前のドライブに戻す」をクリックします。
  • 画面右方の「歯車」のマークをクリックし、「アップロード設定」をクリックし、「アップロードしたPDFや画像ファイルからテキストに変換」にチェックを入れます。
  • 実際に、変換したいファイルをアップロードします。
  • しばらくして、アップロードが完了すると、マイドライブ内に、自動的にファイルのアイコンができます。※ここで、青いアイコンになっていれば、変換成功です。
  • 変換後のファイルを開けば、文字データを取得できます。
【GoogleDriveのocrができない場合の対処方法】
  • Web版の新バージョンの画面では、上手くいかないので、旧バージョンにしましょう。
  • 上手くいかない場合には、「歯車」マークをクリックし、「設定」で、「言語」を「日本語」にしましょう。
  • 日本語と英語が混在するファイルや縦書きの日本語のファイルは、上手く変換できません。
  • 比較的上手くいくファイル形式は、「.jpg、.png、.gif」や「.pdf」です。それ以外のファイルは、上手くいかないことが多いです。
  • ファイルの最大サイズは、「2MB」までです。
  • 元々の文字がつぶれていたり、小さかったりすると、上手く変換できず、修正作業が大変になります。
  • 文字が小さい場合には、拡大してファイルを保存し、それを変換すれば、少しだけ良くなることがあります。
  • 「ocr」でファイルをアップロードする場合には、通常のアップロードよりも少しだけ時間がかかります。例えば、30秒〜1分くらいです。
  • スマホでは、「ocr」はできないようです。
  • GoogleDriveが最新バージョンでない場合には、バージョンアップをしましょう。
  • ブラウザを最新バージョンにしましょう。
  • ブラウザの「履歴」「キャッシュ」「Cookie」を消去しましょう。
  • 最終的には「ライブサポート」か「メール」でお問い合わせください。
【機能】
容量 容量について解説。
同期できない 同期ができない場合。
起動しない 起動しない場合の対処方法。
ドキュメント Googleドキュメントの使い方。
スプレッドシート Googleスプレッドシートの使い方。
スライド Googleスライドの使い方。
フォーム Googleフォームの使い方。
GoogleDrive GoogleDriveのトップページ。
【豆知識】
  1. Evernote」の方が認識率が高いようです。

----------【広告】----------

----------【広告】----------
【厳選リンク】
GoogleDrive GoogleDriveの公式サイト。
GoogleDriveヘルプ GoogleDriveの公式ヘルプサイト。

スポンサードリンク
ウィキペディア要らずの1p(ワンピー) Copyright (C) 2014. SUZ45. All Rights Reserved. お問い合わせ