トップページへ / おすすめサイト
OneDrive「プレーンテキストドキュメント」開けないPC・スマホ総合案内所
【OneDrive「プレーンテキストドキュメント」ファイル開けないPC・スマホ総合案内所とは】
「OneDrive」の「プレーンテキストドキュメント」ファイルの作成・開き方と、開けない場合の対処方法について解説します。
【OneDrive「プレーンテキストドキュメント」ファイルの作成・開き方PC・スマホ】
OneDrive「プレーンテキストドキュメント」ファイルの作成・開き方PC・スマホの詳細は、こちら
----------【広告】----------

----------【広告】----------
    《概説》
  • OneDriveには、PC(Windows,mac)、スマホ(iOS,Android,Windows Phone)版、Xbox版のソフト・アプリがあります。さらに、Web版があり、インストールなしで、PCやスマホで、OneDriveを利用することもできます。

  • 「プレーンテキストドキュメント」とは、Word文書やOneNoteよりも簡単な、「タイトル」と「本文」からなる、テキストファイルです。
  • 「.txt」のテキストファイルや、「.css」のCSSファイルや、「.html」のHTMLファイルなどを作成・編集できます。
  • OneDriveは、マイクロソフトのサービスなので、「プレーンテキストドキュメント」などとの相性が非常に良いです。

  • 以下、一応、プレーンテキストドキュメントファイルの作成・開き方を概説します。
    《Webでのプレーンテキストドキュメントファイル作成・開き方》
  1. Web版」にログインします。
  2. 画面上部の「作成v」をクリックし、「プレーンテキストドキュメント」を選択。※ファイル一覧(大きな四角のアイコン)が表示されている画面で、右クリックし、「作成」を選択しても作成可能です。
  3. プレーンテキストドキュメントファイルが開くので、編集します。
  4. 「タイトル」下の枠内に「本文」を記入します。
  5. 画面上部の「名前の変更」をクリックし、「タイトル」の変更ができます。その時、重要なのは、変更画面の「.txt」のところをクリックすると、他の拡張子のファイルにすることができる点です。これは、大変有益で、「.html」や「.css」など、様々なファイルの保存ができます。変更したら、最後に「保存」をクリックすれば、完了です。
  6. 「本文」も記入し終えたら、画面右上の「保存」をクリックします。※「保存」が押せない場合には、同期済みなので、押す必要はありません。
  7. あとは、ブラウザのタブの「×」を押して、終了すれば、ファイル一覧画面に出てきます。
    《スマホでのプレーンテキストドキュメントファイル作成・開き方》
  • スマホアプリでファイルを作成する方法はありませんが、Web版などで作ったファイルを閲覧・編集できます。
  • スマホで、ファイル一覧を表示させ、開きたいファイルを選択すると、「HTML Viewer」と「Polaris Office」という選択肢が出てきます。前者は、ウェブ形式で見ることができ、後者は、編集ができます。必要に応じて使い分けましょう。
  • 編集をした後は、一応、編集画面右上の「三」マークをタップし、「保存」をタップしてから終了しましょう。
    《PCでのプレーンテキストドキュメントファイル作成・開き方》
  1. PC版のOneDriveアプリにログインします。
  2. ファイル一覧が表示されている画面で、右クリックし、「新規作成」−「テキストドキュメント」をクリックします。
  3. 新しいテキストファイルができ、名前の入力が促されるので、必要に応じて、名前を変更します。
  4. あとは、作成された「テキストファイル」を、ダブルクリック、または、右クリックでプログラムを選択して開いて、編集などしましょう。
【OneDriveプレーンテキストドキュメントファイルを開けない場合の対処方法】
  • OneDriveの中で、「プレーンテキストドキュメント」だけは、「保存」を押さないで終了すると、同期されない場合もありますので、一応、「保存」ボタンを押しましょう。
  • OneDriveのフォルダ外に、プレーンテキストドキュメントファイルを保存してしまうと、他の端末から開けないので、注意しましょう。
  • プレーンテキストドキュメントファイルをあまり装飾すると、互換性が無くなり、上手く開けない、という事態が起こります。特に、スマホでは、高度な装飾は対応していません。
  • 複数アカウントを持っている場合は、別のアカウントのプレーンテキストドキュメントファイルは開けません。しかし、「共有」すれば、閲覧・編集などができます。
  • 他の人と共有しているファイルが開けない時には、プレーンテキストドキュメントファイルにアクセス許可があるかを確認しましょう。
  • ファイルが他のソフトなどで開いている場合には、OneDriveで開けないので、ソフトを閉じてから、再度開きましょう。
  • インターネットにつなげなくて、ファイルが開けない場合には、オフラインで編集することができます。もしもの時にご利用ください。後で同期できます。
  • ファイルが作成できないスマホなどの端末を使うのであれば、予め、「プレーンテキストドキュメント」のひな形のファイルを作っておき、それを編集して、「名前を付けて保存」を選択すれば、ファイルを作成したのと同じ効果が得られます。
  • ファイルが開けないのであれば、ブラウザが非対応の場合が考えられます。ブラウザのバージョンアップを試みましょう。
  • プレーンテキストドキュメントファイルが開けない場合には、スマホでもPCでも、とりあえず、アンインストールして、再度インストールします。
  • 端末の再起動・電源オンオフも試しましょう。
  • 最終的には、「サポートセンター」にお問い合わせください。
【フォルダ・ファイル作成】
フォルダ作成 フォルダの作成方法。
ファイル作成 ファイルの作成方法。
Wordファイル Wordのファイルを作成。
Excelファイル Excelのファイルを作成。
PowerPoint PowerPointのファイルを作成。
OneNote OneNoteのファイルを作成。
Excelアンケート Excelアンケートの作成方法。
トップページ OneDriveのトップページ
【豆知識】
  1. スマホでは、ファイル作成はできませんので、予め作っておいたファイルをアップロードしましょう。ただし、Web版などで作ったファイルの編集はできますので、最初だけ、Web版などでファイルを作成するとよいでしょう。
  2. Evernote」と一見似ていますが、あれほどの管理機能はありません。管理機能を求めるならば、Evernoteを使う方がいいかもしれません。一方、Word文書やExcelなどのファイルとの管理を一括で行いたいのであれば、プレーンテキストドキュメントを使う方がいいと思います。
  3. Evernoteでは、テキストファイルが文字化けすることがありますが、プレーンテキストドキュメントでは、親和性がいいのか、文字化けしません。

----------【広告】----------

----------【広告】----------
【厳選リンク】
OneDrive OneDriveの公式サイト。
OneDriveサポート OneDriveのサポートの情報。

スポンサードリンク
ウィキペディア要らずの1p(ワンピー) Copyright (C) 2014. SUZ45. All Rights Reserved. お問い合わせ