トップページへ / おすすめサイト
初心者のための独自ドメイン取得メリット総合案内所
【初心者のための独自ドメイン取得メリットとは】
普通のプロバイダと契約すると、例えば、「http://homepage?.nifty.com/○○○○」という長くて覚えにくいアドレスを使用せざるを得ません。しかし、世の中には「http://△△△.com」といった短くて覚えやすいアドレスがあり、これらは有料で取得することができます。この「△△△.com」の部分を「独自ドメイン」と呼びます。独自ドメイン取得には、数百円から数千円の費用が掛かります。しかし、独自ドメインにするメリットは多く、例えば、プロバイダを変えても継続して使えます。また、独自ドメインにすることでサイトの信頼感をアップさせることができます。
【初心者のための独自ドメインの取得メリット】

----------【広告】----------

----------【広告】----------
  • アドレスが短く覚えやすい。
  • 信頼性が増し、アフィリエイト広告やYahoo!カテゴリ登録申請などの審査に通りやすくなるといわれています。
  • プロバイダやレンタルサーバーを変更しても引き続き使用できる。
  • 他に使っている人がいなければ、自分の好きなドメインを取得できるので、愛着がわく。
  • メールアドレスも独自ドメインにできる。
【独自ドメインの種類】
独自ドメインは、「.com」だけでなく、誰もが登録できる「.net/.org /.info/.jp」や登録に一定の要件が必要とされる「.edu/.gov/.mil/.int/.biz/.name/.pro/.museum/.aero/.coop」などがあります。詳細はこちら。ただし、レジストラ移管などの後々の手続きのことを考えると、規制の少ない「.com」か「.net」を選択することが賢明かと思います。なお、「.jp」を取得すると、「http://日本語.jp」といった日本語のドメインを取得することもできます。詳細はこちら。ただし、「.jp」は料金が割高。
【独自ドメインの取り方】
  1. ドメイン取得会社を決める。比較サイトはこちら。レンタルサーバーと同じか同系列の会社を選択する方が手続きが楽です。
  2. 取得会社のホームページの「ドメイン検索」欄から、希望のドメインが取得可能かどうか検索する。
  3. 「登録する」を選択。
  4. 利用規約に同意する
  5. ドメイン取得に必要な情報を入力する。
【ホームページ作成 姉妹サイト 中級編】
【豆知識】
  1. 本格的にサイトを運営していこうとするならはじめから独自ドメインを取得することをおすすめします。後々独自ドメインに変更するとなると、相互リンク先への変更依頼、検索サイトヘの再登録、アフィリエイト広告先への変更依頼など、大変な苦労をしなければならなくなります。
  2. 独自ドメインを取得すると、WHOIS情報という個人情報(名前、住所、電話番号、メールアドレス)が公開され、第三者でも見ることができてしまいますので、公開したくない場合には、独自ドメインの取得会社の情報に変更すべきです(取得会社によってはこの変更ができません)。
  3. 独自ドメインを使うには、プロバイダとの契約のほか、レンタルサーバーの契約が必要になりますが、レンタルサーバーの契約をしないで、独自ドメインを使う方法があります。「URL転送」です(少数派ですが)。詳細はこちら

----------【広告】----------

----------【広告】----------
【厳選リンク】
独自ドメイン取得を解説 独自ドメインの取得に関する情報を解説。
FC2ドメイン 独自ドメインに関するQ&Aなどが充実。

スポンサードリンク
ウィキペディア要らずの1p(ワンピー) Copyright (C) 2007. SUZ45. All Rights Reserved. お問い合わせ