1p
トップ > 【めちゃ簡単に】代替肉とは?わかりやすく解説(植物肉、培養肉)

【めちゃ簡単に】代替肉とは?わかりやすく解説(植物肉、培養肉)

代替肉とは

代替肉とは、植物性の原材料を用いて作った肉のことです。

「植物肉」とも呼ばれますが、家畜の幹細胞を使った「培養肉」なども含む場合があります。

代替肉の段階

代替肉の開発レベルには、4つの段階があります。

代替肉の段階
出典:日清食品
  1. 【肉もどき】:豆腐ステーキ、精進料理など。実際の肉とは、味や食感が大きく異なります。
  2. 【植物肉】:植物タンパクに科学技術を活用することで、実際の肉の味や食感により近づけたもの。
  3. 【培養ミンチ肉】:実際の肉から細胞を採取し、組織培養して増やしたもの。バラバラの筋細胞の集合体であり、肉本来の食感は再現できません。2013年には、オランダで「培養ミンチ肉」を使ったハンバーガーが実現しており、1つ約3,000万円という金額が話題となりました。
  4. 【培養ステーキ肉】:筋組織の立体構造を人工的に作製し、肉本来の食感を再現したもの。細胞同士を融合させ、細長い構造に変化させることが必要で、「培養ミンチ肉」と比較しても飛躍的な技術の発展が必要とされ、本物と同等の大きさの培養ステーキ肉は世界でまだ誰も実現していません。

姉妹サイト

代替肉とは 代替肉の読み方 代替肉の英語 代替肉・植物肉・培養肉の違い 代替肉の種類 メリット/デメリット 代替肉商品ランキング ファストフード店の代替肉 代替肉の通販 代替肉の作り方 代替食の事例

免責事項・著作権表示

情報が古かったり、間違っていることなどによる損害の責任は負いかねますので、ご了承ください。

Copyright (C) SUZ45. All Rights Reserved.