トップページへ / おすすめサイト
がんの治療方法の種類総合案内所
【がんの治療方法の種類総合案内所とは】
がんの治療方法の種類や、関連情報についてレクチャーします。
【がんの治療方法の種類】
がんの治療方法の種類の詳細は、こちら
----------【広告】----------

----------【広告】----------
  • 手術療法」・・・手術で臓器の一部や全部を摘出します。開腹手術が一般的でしたが、最近では、手術部位にもよりますが、内視鏡手術や腹腔鏡を用いた手術も多く手がけられています。

  • 抗がん剤」・・・抗がん剤などは、現在100種類ほどあると言われ、飲み薬や注射、点滴などで投与されます。一般的に、副作用が心配されていますが、日進月歩で改良されています。特に、標的がん細胞に特異的に作用する「分子標的治療薬」への期待が高まっていて、白血病、乳がん、肺がん等で有効だと言われています。その他、各がんごとの情報は、こちら

  • ホルモン療法」・・・特定のホルモンの分泌部位を摘出したり、注射などでホルモンの分泌を調整する方法です。「内分泌療法」とも呼ばれます。乳がん、子宮体がん、前立腺がん、甲状腺がん、腎がん等に有効です。

  • その他の化学・薬物療法」・・・免疫力を高める免疫賦活剤(めんえきふかつざい)、症状を和らげる薬剤、鎮痛剤、制吐剤などの薬物療法等があります。

  • 放射線療法」・・・がん細胞に放射線を照射する治療法で、がん細胞の遺伝子にダメージを与えることにより、がんを死滅させたり、がんを小さくしたりします。かつては、正常な細胞にも放射線を照射していたので、副作用がありましたが、最近は、2か所の線源を持ち、ピンスポットでがん細胞に放射線を照射することができます。対象のがんの種類は、こちら。副作用は、こちら

  • 温熱療法」・・・がん細胞が熱に弱いので、マイクロ波や電磁波を用いて患部を温め、がんを治癒する方法です。「全身温熱療法」と「局所温熱療法」がありますが、主に、局所が選択されます。脳腫瘍、食道がん、大腸がん、乳がん、膀胱がんなどの治療に、放射線治療を組み合わせて用いられます。

  • 免疫療法」・・・免疫を担当する「リンパ球」「マクロファージ」「好中球」等の細胞や、免疫担当細胞がつくる物質「サイトカイン」、抗体等を活性化して、がんを治療する方法です。「細胞免疫療法」「ワクチン療法」「サイトカイン療法」「BRM療法」「抗体療法」「遺伝子治療」などがあります。

  • 代替療法」・・・「食事療法」「サプリメントや健康食品」「運動療法」「鍼灸」「マッサージ療法」「心理療法と心身療法」などの方法が検討されています。

  • 造血幹細胞移植」・・・がん治療では、主に、「手術療法」「抗がん剤療法」「放射線療法」などが用いられますが、効果を高めるためには、投与の上限を上げなくてはなりません。しかし、上げると、造血機能を司る骨髄への悪影響が出てしまい、十分な投与ができません。そこで、予め、造血幹細胞を確保し、治療後、骨髄移植して造血機能を復活させることができます。
【豆知識】
  1. 治療方法には、がん細胞を狙い撃ちする「局所治療」と、体全体に治療を施す「全身療法」があります。局所治療は、「摘出手術」や「放射線治療」が当たり、全身療法は、「薬物療法」が当たります。
  2. 白血病や睾丸腫瘍等のがんは、全身療法の薬物療法で完治できる可能性があります。
  3. 転移が心配される場合には、全身療法を選択すると改善される可能性があります。

----------【広告】----------

----------【広告】----------
【厳選リンク】
拠点病院 がんの診療連携拠点病院を検索。
がんの手術費用 がんの治療費・手術費用。
高額療養費制度 療養費を抑える制度に関する情報。

スポンサードリンク
ウィキペディア要らずの1p(ワンピー) Copyright (C) 2014. SUZ45. All Rights Reserved. お問い合わせ