1p
トップ > EV(電気自動車)とは?わかりやすく説明!(読み方、事例、種類)

EV(電気自動車)とは?わかりやすく説明!(読み方、事例、種類)

EV(電気自動車)とは?わかりやすく説明!

一言で言えば、「電気を動力にして動く車両」のことです。

よく間違えるのが、「EV(Electric Vehicle)」の位置付けなんです。「EV」は「電気自動車」と呼ばれますが、「BEV(Battery Electric Vehicle)」「HV(Hybrid Vehicle)」「FCV(Fuel Cell Vehicl)」などを含む、広義の言葉です。そのため、狭義の電気自動車を指す場合には「BEV」を用います。「BEV」は、電気だけで走る車のことです。

補助金などでよく出てくる「CEV(Clean Energy Vehicle)」は、「EV」「FCV」「CDV(Clean Diesel Vehicle)」などを含む「クリーンエネルギー自動車」のことです。

EV(電気自動車)とエンジン車との違い


出典:TEPCO

EVは、モーターに電流を流し、モーターが回転する力を利用することで駆動力を生み出す。

エンジン車は、エンジンでガソリンや軽油などの化石燃料を燃やし、高温のガスでピストンを動かして駆動力を生み出す。

【読み方】EV・BEV・HV・HEV・PHV・PHEV・FCV・CDV・CEVの一覧表

EV・BEV・HV・HEV・PHV・PHEV・FCV・CDV・CEVの読み方に関する一覧表です。
略称・正式名称・読み方・呼称・意味を概説しました。
「HV」と「HEV」、「PHV」と「PHEV」は、ほぼ同意語として扱われています。

略称正式名称読み方呼称意味
EVElectric Vehicleエレクトリック・ビークル電気自動車電気を動力にして動く車両。以下の全ての電動車両全般を指します。
BEVBattery Electric Vehicleバッテリー・エレクトリック・ビークルバッテリー式電動自動車バッテリーの電気だけを使ってモーターで走る車。エンジンはありません。BEVのことを「電気自動車」と呼ぶこともあります。
HV(HEV)Hybrid(Electric)Vehicleハイブリッド・(エレクトリック)・ビークルハイブリッドカーエンジンとモーターを組み合わせて走ります。
PHV(PHEV)Plug-in Hybrid(Electric)Vehicleプラグイン・ハイブリッド・(エレクトリック)・ビークルプラグインハイブリッドカー外部からの充電が可能なハイブリッドカー。
FCVFuel Cell Vehiclフュエル・セル・ビークル燃料電池車水素と酸素の化学反応から電力を作り、モーターで走ります。
CDVClean Diesel Vehicleクリーン・ディーゼル・ビークルクリーンディーゼル車軽油を燃料とする自動車で、燃費効率がいいです。電気自動車ではありません。
CEVClean Energy Vehicleクリーン・エネルギー・ビークルクリーンエネルギー自動車上記の自動車の総称です。

出典:MOBY

姉妹サイト

EVとは EVなどの読み方 EVとの違い メリット/デメリット 人気ランキング 軽EVランキング 中国製EVランキング テスラ製EVランキング EVの充電 家で充電できる? 充電はどうやるの?

電気自動車市販車一覧

Wikipediaの一覧が、最もよくまとまっています。

【一覧】:Wikipedia

EV市場の予測

今後、車両総数はそれほど変わりませんが、ガソリン車が、EVに置き換わります。


出典:日本経済新聞

参考サイト

  1. TEPCO
  2. MOBY

免責事項・著作権表示

情報が古かったり、間違っていることなどによる損害の責任は負いかねますので、ご了承ください。

Copyright (C) SUZ45. All Rights Reserved.