1p
トップ > 【初心者】貯蓄から投資へ「どうすればいいの?」2022

【初心者】貯蓄から投資へ「どうすればいいの?」2022

はじめに

「貯蓄から投資へ」と叫ばれて以降、どうすれば良いのかわからない中、暗号資産(仮想通貨)は暴落し、株式はずいぶん下がりました。しかし、この国策である「貯蓄から投資へ」という流れは、これから勢いを増すでしょう。この流れに、乗り遅れないようにしましょう!

投資の基本

基本的には、貯金を色々なところに投資することになります。

具体的な投資先

初心者におすすめの投資先としては、「日本株式」「ETF」「米国債」「暗号資産(仮想通貨)」「FX」などがあります。

日本株式

「トヨタ自動車」「ソフトバンクG」「メルカリ」など、色々な会社の株式を買います。株価は、上下するので、損することもあります。また、売買する時に、手数料がかかりますので、あまり頻繁に売買すると、手数料負けします。だから、中・長期の投資の方が、結果的に儲かるのです。また、「配当金」というのがあって、年に数%ほどのお金をもらえます。これが、株式の醍醐味でしょう。

株は、基本的に、長期では上がるものなので、長期投資に向いています。

ETF

株式だと、どれを買えばいいのかわからないということがあります。そこで、プロが、色々なテーマの銘柄に投資したものに投資することもできます。それが、「ETF」というものです。株式口座を作ると、普通に売買できます。ただし、手数料や保有コスト(運用管理費用)がかかる場合があるので、チェックしておきましょう。

同じようなものに「投資信託」というのがありますが、手数料がとても高額なので、「ETF」の方が、良いと思います。

米国債

国債というのは、数ヶ月から数十年投資をして、利息がもらえるのですが、日本国債は、利息が異常に低いので、もし買うなら、米国債などがおすすめです。円高になると、元本割れしますが、年数%の利息は、嬉しいですね。

FX

円で貯金するということは、円に投資していることです。それを、ドルなどに変えるのが、FXです。金利が低いので、円に投資するのは、得策ではありません。

一時期の円安のような勢いはありませんが、これからは、円高に向けて、動きがあるでしょう。元本割れに注意しながら、「スワップ」などでも儲けを出しましょう。スワップとは、通貨の金利差によって発生する金銭で、金利の高い通貨を買えば、もらうことができますが、金利の低い通貨を買うと、払わなくてはなりません。このスワップは、長い目で見ると、かなり高額になるので、元本割れをしないのであれば、とてもおすすめの投資先です。

FXは、売りから入ることができるので、上昇局面でも下落局面でも、利益を出すことが可能です。

FXは、株などと違って、長期的に見ても、上がるわけではなく、シーソーのように動きます。そのため、長期投資には向きません。

暗号資産(仮想通貨)

色々不安なニュースが飛び交う暗号資産ですが、ある意味では、今が買い時かもしれません。

24時間365日取引ができるので、平日の日中に忙しい方には、おすすめです。やっぱりリアルタイムで取引できる方が、楽しいです。

かつては、ハイリスクハイリターンでしたが、今は、中リスク中リターンのようになっています。

投資先一覧表

投資先保有期間手続きこんな方におすすめ備考
日本株式中・長期証券口座ある程度の資産があって、時々しかトレードできない方手数料が高い
ETF中・長期証券口座銘柄選びに自信のない方運用管理費用(信託報酬)がかかることがある
米国債中期証券口座とにかく利息が付けばいい方金利が上がると価格が下がる
FX短・中期FX口座デイトレードをする方スワップが魅力的
暗号資産(仮想通貨)短・中期ウォレット週末などに取引をしたい方不正などの心配がある

投資方法

日本株式

投資方法

  1. 証券会社の証券口座を作る。
  2. 証券口座に入金する。
  3. インターネットで、証券会社に接続する。特別な取引ツールが用意されていることもあります。
  4. トヨタ自動車などの銘柄を選ぶ。
  5. 株数を入力して買う。

比較・おすすめランキング

順位証券会社名手数料コメント
1楽天証券100万円までは手数料無料ツールが、とても使いやすいです
2SBI証券100万円までは手数料無料日本で一番大きなネット証券です
3野村證券100万円の場合、オンラインで1,048円、店舗で6,094円手数料は高いが、安心感がある
店舗でのサポートあり
資産の多い方向け
高齢者に人気

注意点

1日に何度も取引すると、手数料が、高額になります。

普通の「現物取引」は、下落相場では、なかなか利益が出せません。「休むも相場」という格言があるくらいです。

「信用取引」というのがありますが、初心者にはおすすめできません。もっとも、初心者は、審査で落ちるはずです。

1日に、同じお金で、同じ銘柄を何度も売買することはできません。例えば、30万円のお金で、30万円の株を買って売ったら、再度買うことはできません。60万円持っていたら、もう一度買って売れます。一番怖いのは、30万円で持っていた株を売って、また買った場合に、それを当日に売ることができません。

ETF

投資方法

  1. 証券会社の証券口座を作る。
  2. 証券口座に入金する。
  3. インターネットで、証券会社に接続する。特別な取引ツールが用意されていることもあります。
  4. ETFの銘柄を選ぶ。
  5. 株数を入力して買う。

比較・おすすめランキング

順位証券会社名手数料コメント
1楽天証券100万円までは手数料無料ツールが、とても使いやすいです
2SBI証券100万円までは手数料無料日本で一番大きなネット証券です
3野村證券100万円の場合、オンラインで1,048円、店舗で6,094円手数料は高いが、安心感がある
店舗でのサポートあり
資産の多い方向け
高齢者に人気

注意点

買い方は、株を買う時と全く同じです。

証券会社によっては、手数料無料というのも多いです。

保有コスト(運用管理費用)がかかることがあるので、要注意。

株よりも変動が少ない場合が多いです。

「CFD」という取引をすると、レバレッジ(持っている資産よりも多く売買できるシステム)をかけることができますが、初心者には、おすすめしません。

米国債

投資方法

  1. 証券会社の証券口座を作る。
  2. 証券口座に入金する。
  3. インターネットで、証券会社に接続する。特別な取引ツールが用意されていることもあります。
  4. 米国債を買う。

比較・おすすめランキング

順位証券会社名手数料コメント
1SBI証券10,000米ドルを購入した場合、20円SBIのFXを利用した場合です
2楽天証券10,000米ドルを購入した場合、20円ツールが、とても使いやすいです
3野村證券10,000米ドルを購入した場合、5,000円手数料は高いが、安心感がある
店舗でのサポートあり
資産の多い方向け
高齢者に人気

注意点

外国債券は、利回りがいいのですが、元本割れのリスクがあります。

分散投資の一つの選択肢として考えるといいでしょう。

FX

投資方法

  1. 証券会社のFX口座を作る。
  2. FX口座に入金する。
  3. インターネットで、証券会社に接続する。特別な取引ツールが用意されていることもあります。
  4. 通貨を選択する。
  5. 購入数量を入力する。
  6. 発注します。

比較・おすすめランキング

順位証券会社名手数料コメント
1楽天証券手数料無料、米ドルスプレッド0.2銭ツールが、とても使いやすいです
2SBI証券手数料無料、米ドルスプレッド0.09円銭〜特に、少額取引に魅力があります
3野村證券手数料無料、米ドルスプレッド2.6銭手数料は高いが、安心感がある
オンライン専門で店舗でのサポートはありません
資産の多い方向け
高齢者に人気

注意点

FXは、レバレッジをかけられるので、注意してください。思わぬ高額取引をしていることがあります。

暗号資産(仮想通貨)

投資方法

  1. 暗号資産交換業者のウォレット(口座のようなものです)を開設します。
  2. ウォレットに入金します。
  3. インターネットで、証券会社に接続する。特別な取引ツールが用意されていることもあります。
  4. 仮想通貨の種類を選びます。
  5. 「レート」「注文量」などを入力して、売買します。

比較・おすすめランキング

順位取引所名手数料コメント
1Coincheck無料アプリの使い勝手がいいと評判です
2GMOコインMaker…-0.01%
Taker…0.05%
高度なセキュリティに定評があります
3楽天ウォレット無料楽天ポイントでも、暗号資産の取引が可能です

注意点

暗号資産交換業者には、「取引所」と「販売所」があります。「取引所」では、他のユーザーと売買を行い、「販売所」では、暗号資産交換業者に対して売買します。そのため、「取引所」の方が、安く買えて、高く売れることが多いです。暗号資産交換業者ごとに「取引所」で、売買できる仮想通貨の種類が異なります。

24時間365日取引が行われているので、落ち着く時がありません。

アドバイス

投資は、買うと下がります。売ると上がります。納得いきませんが、そういうものだと思った方がいいでしょう。だから、中・長期投資がおすすめですし、配当収入などがあって、伸びるところに投資することが重要になってくるのです。うまくすると、じわりじわりと資産が増えます。

その目利きを鍛えるのが、「貯蓄から投資へ」の肝になるのです。色々勉強しましょう!

おすすめ投資先

テーマごとのおすすめ銘柄

おすすめ資産運用先 エネルギー資源枯渇 資源の枯渇 食糧難 投資の国際化 ディフェンシブ銘柄 スタートアップ

テーマ株のかぶほり

かぶほりトップ IT業界地図

IT関連

クラウドコンピューティング デジタルトランスフォーメーション(DX) テレワーク サイバーセキュリティ フィンテック ビッグデータ IoT 人工知能 メタバース NFT 暗号資産(仮想通貨)

医療関連

がん最先端治療 遠隔医療 在宅医療 オンライン診療

産業関連

防衛 脱炭素 ドローン ダイナミックプライシング 電気自動車充電器 メタンハイドレート マイナンバーカード 再生可能エネルギー 米(コメ) 災害対策 生体認証 無人店舗 サービスロボット シェアリングエコノミー スマート農業 サブスクリプション 都市鉱山

人関連

人材育成 人材紹介 障害者支援 リスキリング

貯金と投資の割合

日本人の貯金と投資の割合 日本人年代別貯金と投資の割合 20代貯金と投資の割合 30代貯金と投資の割合 40代貯金と投資の割合 50代貯金と投資の割合 60代貯金と投資の割合 日本人の貯金が世界一は過去の話 世界のお金の流れ

暗号資産(仮想通貨)

暗号資産(仮想通貨)とは おすすめの仮想通貨 イーサリアム取引所ランキング ビットコイン取引所ランキング

免責事項・著作権表示

情報が古かったり、間違っていることなどによる損害の責任は負いかねますので、ご了承ください。

Copyright (C) SUZ45. All Rights Reserved.