1p
トップ > 【めちゃ簡単に】メタバースとは?何かをわかりやすく解説(仮想通貨、3次元、VR)

【めちゃ簡単に】メタバースとは?何かをわかりやすく解説(仮想通貨、3次元、VR)

目次

  1. メタバースとは
  2. メタバースの特徴
  3. ニュース&短文解説
  4. 関連サイト

メタバースとは

メタバースを一言で言うと、「3次元の仮想空間」です。

メタバース(metaverse)は、「meta(高次の、超)」と「universe(世界、宇宙)」を組み合わせた造語です。

メタバースは、以下の点で、従来の仮想空間とは違います。

メタバースの特徴

3次元であること

ユーザーは、仮想現実(VR)のゴーグルを着けたりして、3次元の仮想空間内のアバターを操作します。

将来的には、ゴーグルなしで、3次元の仮想空間を楽しむことができそうです。

3次元になると、人や物の特徴がよく伝わり、エンターテイメントやビジネスなどでも、有用性が増します。

発想自体は、従来からありましたが、コンピューターの処理速度の向上とインターネットの通信速度の向上などによって、実現した技術です。

ブロックチェーン技術を用いていること

従来の中央集権型ネットワークから、ブロックチェーン技術を用いた分散型ネットワークになったことで、システムの信頼性・安定性が増します。


資産価値に直結していること

メタバースでは、仮想通貨を用いて、アイテムや土地などの取引が行われます。ビジネスに直結しますし、エンターテインメントとして遊んでも、それをお金に替えることが可能になるのです。シムシティで作った街を売るような感じでしょうか。

これらは、NFT(Non-Fungible Token、非代替性トークン)により、お墨付きを与えられます。NFTは、「デジタルデータにつける鑑定書などの印」のことです。

ニュース&短文解説

ドコモ、メタバース拡大へ新会社 VRゴーグルなど開発

NTTドコモは28日、巨大な仮想空間「メタバース」事業の新会社「NTTコノキュー」を設立したと発表した。NTTグループのメタバース関連の事業を集約し、個人・法人向けのサービス開発を進める。10月1日に事業を始める。

28日、都内で説明会を開いた。主な事業内容はメタバース、実在の製品などを仮想空間で再現する「デジタルツイン」、VRゴーグルなど「XRデバイス」の3つになる。メタバースの入り口になる仮想現実(VR)ゴーグルの開発に着手し、ネットワークと組み合わせてサービス提供できる体制をつくる。

2022年9月28日:日本経済新聞

コメント

色々な会社が参入してきて、活気付きますね。

東大、メタバース工学部開講 ソニーGやリクルートと

東大、メタバース工学部開講

東京大学は23日、工学の教育プラットフォーム「メタバース工学部」を開講した。ソニーグループやリクルートなど6社と連携しており、同日開催した仮想空間「メタバース」上での式典では、東大や企業の関係者らがアバター(分身)で講演した。産学が一体となり、デジタルトランスフォーメーション(DX)を担う人材を育てる。

メタバース上の式典では、アバター姿の東大の染谷隆夫工学部長が「メタバース工学部は中高生や社会人を含む意欲あるすべての人にとっての学びの場だ」とあいさつ。

メタバース工学部では、東大の研究者らが教員となり、中高生向けにオンラインなどで工学の魅力を伝える。メタバース空間の作成のほか、飛行機タイプのドローンの製作、未来の原子力発電のデザインなどの演習を実施する。

大学で工学を学んだ後の就職先といったキャリア形成に関する情報を発信するサイトも構築する。社会人向けには人工知能(AI)や次世代通信など4つのコースを用意する。

2022年9月23日:日本経済新聞

コメント

大学生だけに限られる場ではないのですね。

メタが10月発表の新VRヘッドセット、メタバースには「期待外れ」になりそうな背景

メタが10月発表の新VRヘッドセット

長らく臆測が飛び交っていたメタのハイエンドVRヘッドセット「Project Cambria」が10月にもリリースされる見込みだ。最低価格は800ドル(約11万円)とみられ、フラッグシップモデルのQuest 2の2倍以上。一方、コンパクト化、画質の向上、アイトラッキングやフェイストラッキング機能の搭載など、Quest 2から大きな飛躍があると期待されるモデルだ。

2022年9月21日:ビジネス+IT

コメント

ヘッドセットをつけた人が、街中を歩くなんて姿も見られるかも知れませんね。

“メタバース学習塾”が生徒を刺激?アバターが高める積極性

メタバース学習塾

8月に開かれた中学3年生向けの特別講座。教室に座っているのは、生徒の分身の「アバター」たちです。花の髪飾りやイヤリングをつけてみたり、髪の色をグレーにして、ひげを生やしてみたりと、生徒たちは思い思いの格好で授業に臨んでいました。

私は現実の自分に似せようと仕事着のアバターを作りましたが、メタバースの授業に参加した生徒たちに聞いてみると「日常生活ではできない茶髪にしてみた」とか「性別を変えてみた」という声もあり、いつもと違う自分への変身を楽しんでいました。

長田校長「集中力が全然違う。聞くと返事もするし、発言もするし、ふだんやっている授業とはだいぶ違う感覚を受けます。普通のオンライン授業だと生徒が受け身になりやすいと思いますが、メタバースの空間にいるとだんだん自分から能動的に動くように意識が変わっていく感覚が出てくるんじゃないか」

2022年9月6日:NHK

コメント

不登校の生徒も参加できる点が良いという話も聞きました。

関連サイト

メタバースとは ブロックチェーン・仮想通貨・NFT メタバース人気ランキング プラットフォーム

姉妹サイト

キーワード

キーワードの意味 ブロックチェーン技術とは スマートコントラクトとは トークンとは

仮想通貨

仮想通貨とは 仮想通貨取引所ランキング おすすめ仮想通貨 コインチェックアプリ取引所 イーサリアム取引所 コインチェック成行注文 2段階認証できない イーサリアムのマージ

DAO

DAOとは

DeFi

DeFiとは

GameFi

GameFiとは ICO・IGO・IEO・IDOの違い GameFi人気ランキング

メタバース

メタバースとは ブロックチェーン・仮想通貨・NFT メタバース人気ランキング プラットフォーム

NFT

NFTとは NFT作成アプリ NFT事例22選 NFT手数料 NFT販売のコツ NFT購入方法 NFTマーケットプレイス NFT売れるもの NFT出品方法 コレクター向けのNFT

Web3.0

Web3.0とは Web1.0/Web2.0/Web3.0の違い メリット/デメリット DApps(ダップス)とは 置き換わり Web3.0の評判・将来性

ステーブルコイン

ステーブルコインとは 法定通貨・CBDC・仮想通貨との違い ステーブルコインの種類 ステーブルコインの例 メリット/デメリット ステーブルコインの購入方法 STOとは 儲かる?儲からない? ステーブルコインの将来

CBDC(中央銀行デジタル通貨)

CBDCとは 電子マネー・ステーブルコイン・仮想通貨との違い メリット/デメリット

免責事項・著作権表示

情報が古かったり、間違っていることなどによる損害の責任は負いかねますので、ご了承ください。

Copyright (C) SUZ45. All Rights Reserved.