1p
トップ > 【簡単に】メタバースとは?何かをわかりやすく解説(仮想通貨、3次元、VR)

【簡単に】メタバースとは?何かをわかりやすく解説(仮想通貨、3次元、VR)

メタバースとは

メタバースを一言で言うと、「3次元の仮想空間」です。

メタバース(metaverse)は、「meta(高次の、超)」と「universe(世界、宇宙)」を組み合わせた造語です。

メタバースは、以下の点で、従来の仮想空間とは違います。

メタバースの特徴

3次元であること

ユーザーは、仮想現実(VR)のゴーグルを着けたりして、3次元の仮想空間内のアバターを操作します。

将来的には、ゴーグルなしで、3次元の仮想空間を楽しむことができそうです。

3次元になると、人や物の特徴がよく伝わり、エンターテイメントやビジネスなどでも、有用性が増します。

発想自体は、従来からありましたが、コンピューターの処理速度の向上とインターネットの通信速度の向上などによって、実現した技術です。

ブロックチェーン技術を用いていること

従来の中央集権型ネットワークから、ブロックチェーン技術を用いた分散型ネットワークになったことで、システムの信頼性・安定性が増します。


出典:PERSOL

資産価値に直結していること

メタバースでは、仮想通貨を用いて、アイテムや土地などの取引が行われます。ビジネスに直結しますし、エンターテインメントとして遊んでも、それをお金に替えることが可能になるのです。シムシティで作った街を売るような感じでしょうか。

これらは、NFT(Non-Fungible Token、非代替性トークン)により、お墨付きを与えられます。NFTは、「デジタルデータにつける鑑定書などの印」のことです。

関連サイト

姉妹サイト

免責事項・著作権表示

情報が古かったり、間違っていることなどによる損害の責任は負いかねますので、ご了承ください。

Copyright (C) SUZ45. All Rights Reserved.