1p
トップ > Web3.0とは > 【めちゃ簡単に】SNSはWeb3.0で分散型アプリDAppsに置き換わる!(ダップス、ブロックチェーン)

【めちゃ簡単に】SNSはWeb3.0で分散型アプリDAppsに置き換わる!(ダップス、ブロックチェーン)

DAppsとは

一言で言うと、「Web3.0で使うアプリ」のことです。

DApps(Decentralized Applications:ダップス)とは、ブロックチェーン技術を使った分散型ネットワークで利用することのできる「分散型アプリケーション」です。現在も、数多くの分野で、DAppsが、開発されています。

項目Web2.0DApps
管理者中央集権型ユーザー同士
透明性開発者が管理ユーザーが管理
耐久性稼働外の時間がある常に分散管理

分散型アプリDAppsへの置き換わり

DAppsへの置き換わりの一例

Web3.0になることで、現在使っているアプリが、ブロックチェーンの分散アプリケーション「DApps」に置き換わると言われています。


出典:medium

SNSとクラウドについて

SNSの「Facebook」や「Twitter」は、「Steemit」や「AKASHA」に置き換わるそうです。「Steemit」は、ブロックチェーンデータベースのSteem上で、ブログやSNSを展開している「ソーシャル・ニュース・サービス」です。「AKASHA」は、昔のFacebookのような画面で、投稿が並んでいます。

クラウドストレージサービスの「Dropbox」や「Google Drive」は、「Storj」や「IPFS」に置き換わるそうです。現在のクラウドストレージサービスは、中央集権型ネットワークのサーバー上にファイルを保存しますが、Web3.0では、ブロックチェーン技術を使って、ユーザー同士の分散型ネットワーク上にファイルを保存することになります。

DAppsの一覧表

以下のようなDAppsが、あります。

出典:medium

DAppsのメリット

  1. 分散管理するので、サービスの利用がシームレスになります。
  2. サーバーダウンなどの障害が起きないので、システムが安定します。
  3. 情報の相互接続性が、向上します。
  4. あらゆる端末・OSで、ネットワークにつながります。
  5. 情報の信頼性・透明性が増すので、広告・マーケティングが改善されると言われています。

Web3.0とは

「Web3.0」は、ユーザー同士の端末がネットワークに直接つながって、データを共有・管理します。これが、分散型ネットワークです。

【分類】:分散管理、P2P

【年代】:2021年〜

【例】:仮想通貨、NFT、DAO、DeFi、GamiFi

関連サイト

Web3.0とは Web1.0/Web2.0/Web3.0の違い メリット/デメリット DApps(ダップス)とは 置き換わり Web3.0の評判・将来性

姉妹サイト

キーワード

キーワードの意味 ブロックチェーン技術とは スマートコントラクトとは トークンとは

仮想通貨

仮想通貨とは 仮想通貨取引所ランキング おすすめ仮想通貨 コインチェックアプリ取引所 イーサネット取引所 コインチェック成行注文 2段階認証できない

DAO

DAOとは

DeFi

DeFiとは

GameFi

GameFiとは ICO・IGO・IEO・IDOの違い GameFi人気ランキング

メタバース

メタバースとは ブロックチェーン・仮想通貨・NFT メタバース人気ランキング プラットフォーム

NFT

NFTとは NFT作成アプリ NFT事例22選 NFT手数料 NFT販売のコツ NFT購入方法 NFTマーケットプレイス NFT売れるもの NFT出品方法

Web3.0

Web3.0とは Web1.0/Web2.0/Web3.0の違い メリット/デメリット DApps(ダップス)とは 置き換わり Web3.0の評判・将来性

ステーブルコイン

ステーブルコインとは 法定通貨・CBDC・仮想通貨との違い ステーブルコインの種類 ステーブルコインの例 メリット/デメリット ステーブルコインの購入方法 STOとは 儲かる?儲からない? ステーブルコインの将来

CBDC(中央銀行デジタル通貨)

CBDCとは 電子マネー・ステーブルコイン・仮想通貨との違い メリット/デメリット

免責事項・著作権表示

情報が古かったり、間違っていることなどによる損害の責任は負いかねますので、ご了承ください。

Copyright (C) SUZ45. All Rights Reserved.