1p
トップ > ステーブルコインとは > 【めちゃ簡単に】ステーブルコインのSTOとは?わかりやすく解説(セキュリティー・トークン・オファリング)

【めちゃ簡単に】ステーブルコインのSTOとは?わかりやすく解説(セキュリティー・トークン・オファリング)

ステーブルコインのSTOとは

STOとは、トークン化した証券を用いて、投資家から資金を調達することです。

トークンとは、デジタルデータにつける鑑定書のような印のことです。

有価証券の資金調達という点では、IPOと同じですが、トークン化した証券を用いる点において、異なります。

ブロックチェーン技術を用いる点では、ICOと同じですが、仮想通貨でなく、有価証券を用いて、資金調達する点において、異なります。

STOは、ICOとは違って、アメリカの証券取引委員会(SEC)のルールに法って、資金調達を行います。

IPO・ICO・STOの違い

比較表

略語英語読み方資金調達するもの説明
IPOInitial Public Offeringイニシャル・パブリック・オファリング新規公開株株を投資家に売り出して、証券取引所に上場し、誰でも株取引ができるようにすること
ICOInitial Coin Offeringイニシャル・コイン・オファリング仮想通貨企業や個人が新たに独自の暗号資産を発行し、投資家から事業資金を調達すること
STOSecurity Token Offeringセキュリティー・トークン・オファリング有価証券トークン化した証券を用いて、投資家から資金調達をすること

境界

STOとは
出典:IT media

スキーム

以下の2点において、通常の社債、株式等の発行とは異なります。

金商法

2020年施行されたの金商法改正では、暗号資産(仮想通貨)に関する規制強化と共に、「電子記録移転権利」、および「電子記録移転有価証券表示権利等」が規定され、セキュリティトークンの金商法上の位置付けが明確化されました。

「電子記録移転有価証券表示権利等」とはいわゆる金商法2条1項証券(第1項有価証券)に該当し、株券や社債券のような有価証券として発行されたセキュリティトークンを指します。

「電子記録移転権利」とは金商法2条2項に規定する「みなし有価証券」(第2項有価証券)に該当し、信託の受益権や集団投資スキーム持ち分などの形態で発行されたセキュリティトークンを意味します。

ブロックチェーン技術とは

ブロックチェーン技術を一言で言うと、「ユーザー同士が、ネットワークで直接つながって、データを共有・分散管理する」ことです。


複数のユーザーが、ネットワークで直接つながって、データを「ブロック」単位で記録する際に、データの履歴情報を「チェーン」のように連結して、保存して管理します。

関連サイト

ステーブルコインとは 法定通貨・CBDC・仮想通貨との違い ステーブルコインの種類 ステーブルコインの例 メリット/デメリット ステーブルコインの購入方法 STOとは 儲かる?儲からない? ステーブルコインの将来

姉妹サイト

キーワード

キーワードの意味 ブロックチェーン技術とは スマートコントラクトとは トークンとは

仮想通貨

仮想通貨とは 仮想通貨取引所ランキング おすすめ仮想通貨 コインチェックアプリ取引所 イーサネット取引所 コインチェック成行注文 2段階認証できない

DAO

DAOとは

DeFi

DeFiとは

GameFi

GameFiとは ICO・IGO・IEO・IDOの違い GameFi人気ランキング

メタバース

メタバースとは ブロックチェーン・仮想通貨・NFT メタバース人気ランキング プラットフォーム

NFT

NFTとは NFT作成アプリ NFT事例22選 NFT手数料 NFT販売のコツ NFT購入方法 NFTマーケットプレイス NFT売れるもの NFT出品方法

Web3.0

Web3.0とは Web1.0/Web2.0/Web3.0の違い メリット/デメリット DApps(ダップス)とは 置き換わり Web3.0の評判・将来性

ステーブルコイン

ステーブルコインとは 法定通貨・CBDC・仮想通貨との違い ステーブルコインの種類 ステーブルコインの例 メリット/デメリット ステーブルコインの購入方法 STOとは 儲かる?儲からない? ステーブルコインの将来

CBDC(中央銀行デジタル通貨)

CBDCとは 電子マネー・ステーブルコイン・仮想通貨との違い メリット/デメリット

免責事項・著作権表示

情報が古かったり、間違っていることなどによる損害の責任は負いかねますので、ご了承ください。

Copyright (C) SUZ45. All Rights Reserved.