1p
トップ > NFTとは > 【よくわかる】NFTで売れるもの/売れないもの(デジタルアート、マーケットプレイス、事例)

【よくわかる】NFTで売れるもの/売れないもの(デジタルアート、マーケットプレイス、事例)

NFTマーケットプレイスで売れるもの

データ形式

結論から言えば、データ形式さえ合えば、なんでも売れます。

例えば、「OpenSea」では、以下のようなデータ形式に対応しています。ファイルサイズは、最大40MBまでです。

データの種類データ形式
イラストJPG, PNG, GIF, SVG
動画MP4, WEBM
音楽MP3, WAV, OGG
3DモデルGLB, GLTF

知恵を絞る

データ形式が合わない場合には、知恵を絞りましょう。例えば、「家」を売りたい場合には、それを3Dモデルにして、販売して、建てる権利を付与するのです。

インパクトのあるものなら、写真に撮って、売ることもできます。

ジャンル

以下のようなジャンルも、売ることができます。

NFTマーケットプレイスで売れないもの

以下に該当するNFT作品は、売ることができません。

事例

ジャック・ドーシー

Twitter社の創業者ジャック・ドーシーが、最初に投稿したツイートが、オークションで3億円で落札されました。

Beeple

アメリカのアーティストBeepleのNFT作品が、約75億円で落札されました。


出典:CHRISTIE'S

子供のドット絵

8歳の子供が描いたドットに、1点40万円の値がついたそうです。夏休みの自由研究で描いたものを、アーティストである母親が、NFTデジタルアートとして、出品して、インフルエンサーの目に留まって拡散したそうです。


出典:Zombie Zoo/OpenSea

NFTデジタルデータの家が、約5,500万円で購入されました。メタバースにアップロードして使える他、リアルな家として、建てる権利があるそうです。


出典:Mars House/SuperRare

資産性ミリオンアーサー

スクウェア・エニックスは、NFTデジタルカード『資産性ミリオンアーサー』を販売しています。


出典:スクウェア・エニックス

【その他の事例】:NFT事例22選

参考サイト

  1. tochiblog

関連サイト

NFTとは NFT作成アプリ NFT事例22選 NFT手数料 NFT販売のコツ NFT購入方法 NFTマーケットプレイス NFT売れるもの NFT出品方法

姉妹サイト

キーワード

キーワードの意味 ブロックチェーン技術とは スマートコントラクトとは トークンとは

仮想通貨

仮想通貨とは 仮想通貨取引所ランキング おすすめ仮想通貨 コインチェックアプリ取引所 イーサネット取引所 コインチェック成行注文 2段階認証できない

DAO

DAOとは

DeFi

DeFiとは

GameFi

GameFiとは ICO・IGO・IEO・IDOの違い GameFi人気ランキング

メタバース

メタバースとは ブロックチェーン・仮想通貨・NFT メタバース人気ランキング プラットフォーム

NFT

NFTとは NFT作成アプリ NFT事例22選 NFT手数料 NFT販売のコツ NFT購入方法 NFTマーケットプレイス NFT売れるもの NFT出品方法

Web3.0

Web3.0とは Web1.0/Web2.0/Web3.0の違い メリット/デメリット DApps(ダップス)とは 置き換わり Web3.0の評判・将来性

ステーブルコイン

ステーブルコインとは 法定通貨・CBDC・仮想通貨との違い ステーブルコインの種類 ステーブルコインの例 メリット/デメリット ステーブルコインの購入方法 STOとは 儲かる?儲からない? ステーブルコインの将来

CBDC(中央銀行デジタル通貨)

CBDCとは 電子マネー・ステーブルコイン・仮想通貨との違い メリット/デメリット

免責事項・著作権表示

情報が古かったり、間違っていることなどによる損害の責任は負いかねますので、ご了承ください。

Copyright (C) SUZ45. All Rights Reserved.