1p
トップ > ゲノムとは > 【2023年】最新!膵臓がん新薬一覧(分子標的薬、免疫チェックポイント阻害薬、治療薬、リムパーザ、ヴァイトラックビ、ロズリートレク、キイトルーダ)

【2023年】最新!膵臓がん新薬一覧(分子標的薬、免疫チェックポイント阻害薬、治療薬、リムパーザ、ヴァイトラックビ、ロズリートレク、キイトルーダ)

はじめに

膵臓がんの治療薬には、「抗がん剤(細胞障害性抗がん薬)」「分子標的薬」「免疫チェックポイント阻害薬」の3種類があります。

分子標的薬は、リムパーザ(オラパリブ)、ヴァイトラックビ(ラロトレクチニブ)、ロズリートレク(エヌトレクチニブ)があります。

免疫チェックポイント阻害薬は、キイトルーダ(ペンブロリズマブ)があります。

分子標的薬の一覧(膵臓がん)

分子標的薬は、がん細胞に特異的にみられる分子に標的とするため、効果的にがん細胞に作用します。

一般名 商品名 分類 効能または効果
先発医薬品 後発医薬品
分子標的薬 オラパリブ リムパーザ ポリアデノシン5'二リン酸リボースポリメラーゼ(PARP)阻害剤 BRCA遺伝子変異陽性の治癒切除不能な膵癌における白金系抗悪性腫瘍剤を含む化学療法後の維持療法
ラロトレクチニブ ヴァイトラックビ トロポミオシン受容体キナーゼ阻害剤 NTRK融合遺伝子陽性の進行・再発の固形癌
エヌトレクチニブ ロズリートレク チロシンキナーゼ阻害剤 NTRK融合遺伝子陽性の進行・再発の固形癌

免疫チェックポイント阻害薬の一覧

がん細胞には、リンパ球などの免疫細胞の攻撃を逃れる仕組みがあります。そこで、免疫チェックポイント阻害薬は、その仕組みを解除して、免疫細胞の攻撃を有効にします。

一般名 商品名 分類 年間治療費 効能または効果
先発医薬品 後発医薬品
免疫チェックポイント阻害薬 ペンブロリズマブ キイトルーダ ヒト化抗ヒトPD-1モノクローナル抗体 746万円 がん化学療法後に増悪した進行・再発の高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-High)を有する固形癌(標準的な治療が困難な場合に限る)

結局、いくら払うのか?

膵臓がん新薬の治療費一覧

姉妹サイト

遺伝子の基本

遺伝子とは ゲノム・DNA・遺伝子の違い

ゲノム創薬の基本

ゲノム創薬とは ゲノム創薬の種類 ゲノム創薬の成功例・実用化 ゲノム創薬の将来 ゲノム編集

ゲノム創薬の実際

がん分子標的薬とは がん分子標的薬の一覧 がん免疫チェックポイント阻害薬とは 免疫チェックポイント阻害薬の治療費一覧 がん新薬の治療費の自己負担額

がんの治療薬

肺がんの分類と治療方針 肺がん治療薬一覧 肺がん新薬治療費一覧 胃がん新薬一覧 胃がん新薬の治療費一覧 乳がん新薬一覧 乳がん新薬の治療費一覧 大腸(結腸・直腸)がん新薬一覧 大腸(結腸・直腸)がん新薬の治療費一覧 肝細胞がん新薬一覧 肝細胞がん新薬の治療費一覧 膵臓がん新薬一覧 膵臓がん新薬の治療費一覧 悪性黒色腫の新薬一覧 悪性黒色腫の新薬の治療費一覧 前立腺がん新薬一覧

免責事項・著作権表示

情報が古かったり、間違っていることなどによる損害の責任は負いかねますので、ご了承ください。

Copyright (C) SUZ45. All Rights Reserved.