1p
トップ > ゲノムとは > 【2023年】最新!胃がん新薬一覧(分子標的薬、免疫チェックポイント阻害薬、治療薬、オプジーボ、キイトルーダ、ハーセプチン、ライラムザ)

【2023年】最新!胃がん新薬一覧(分子標的薬、免疫チェックポイント阻害薬、治療薬、オプジーボ、キイトルーダ、ハーセプチン、ライラムザ)

はじめに

胃がんの治療薬には、「抗がん剤(細胞障害性抗がん薬)」「分子標的薬」「免疫チェックポイント阻害薬」の3種類があります。

胃がんの薬物療法は、主に「抗がん剤」となっています。抗がん剤には5-FU系(5-FU、S-1、カペシタビン)、プラチナ系(シスプラチン、オキサリプラチン)、タキサン系(パクリタキセル、nab-パクリタキセル、ドセタキセル)、イリノテカンがあり、組み合わせて使用されます。

「分子標的薬」も、抗がん剤と組み合わせて使用されます。例えば、「トラスツズマブ」「ラムシルマブ」という薬剤があります。

「免疫チェックポイント阻害薬」は、胃がんの5%ほどのMSI-Hといった特徴を持った患者に使用されます。現在承認されているのは、「オプジーボ(ニボルマブ)」のみです。「キイトルーダ(ペムブロリズマブ)」は、承認申請中です。

胃がんの治療薬
出典:近畿大学病院

分子標的薬の一覧

一般名 商品名 分類 効能または効果
先発医薬品 後発医薬品
分子標的薬 トラスツズマブ ハーセプチン トラスツズマブ「CTH」「NK」「第一三共」「ファイザー」 HER2阻害薬 HER2過剰発現が確認された治癒切除不能な進行・再発の胃癌
ラムシルマブ サイラムザ 血管新生阻害薬 治癒切除不能な進行・再発の胃癌

免疫チェックポイント阻害薬の一覧

がん細胞には、リンパ球などの免疫細胞の攻撃を逃れる仕組みがあります。そこで、免疫チェックポイント阻害薬は、その仕組みを解除して、免疫細胞の攻撃を有効にします。

一般名 商品名 分類 効能または効果
先発医薬品 後発医薬品
免疫チェックポイント阻害薬 ニボルマブ オプジーボ 抗PD-1抗体 治癒切除不能な進行・再発の胃癌

結局、いくら払うのか?

胃がん新薬の治療費一覧

姉妹サイト

遺伝子の基本

遺伝子とは ゲノム・DNA・遺伝子の違い

ゲノム創薬の基本

ゲノム創薬とは ゲノム創薬の種類 ゲノム創薬の成功例・実用化 ゲノム創薬の将来 ゲノム編集

ゲノム創薬の実際

がん分子標的薬とは がん分子標的薬の一覧 がん免疫チェックポイント阻害薬とは 免疫チェックポイント阻害薬の治療費一覧 がん新薬の治療費の自己負担額

がんの治療薬

肺がんの分類と治療方針 肺がん治療薬一覧 肺がん新薬治療費一覧 胃がん新薬一覧 胃がん新薬の治療費一覧 乳がん新薬一覧 乳がん新薬の治療費一覧 大腸(結腸・直腸)がん新薬一覧 大腸(結腸・直腸)がん新薬の治療費一覧 肝細胞がん新薬一覧 肝細胞がん新薬の治療費一覧 膵臓がん新薬一覧 膵臓がん新薬の治療費一覧 悪性黒色腫の新薬一覧 悪性黒色腫の新薬の治療費一覧 前立腺がん新薬一覧

免責事項・著作権表示

情報が古かったり、間違っていることなどによる損害の責任は負いかねますので、ご了承ください。

Copyright (C) SUZ45. All Rights Reserved.