1p
トップ > ゲノムとは > 【めちゃ簡単に】ゲノム創薬とは?わかりやすく解説(図解、解析、将来、メリット)

【めちゃ簡単に】ゲノム創薬とは?わかりやすく解説(図解、解析、将来、メリット)

ゲノム創薬とは

ゲノムとは

「ゲノム(genome)」とは、「遺伝子(gene)」と「染色体(chromosome)」からの合成語で、遺伝情報全てのことです。ちなみに、ヒトの染色体は、各細胞核の中に、23対46本あって、各染色体は、DNAで構成されています。DNAのうち、遺伝情報のある部分が、遺伝子と呼ばれます。遺伝とは、例えば、目の色が似ているとか、ある病気にかかりやすいとか、親の生物学的特徴が、子に伝わることです。その根本に、遺伝子が関わっているのです。

ゲノム

ゲノム解析とは

ゲノム解析とは、生物の遺伝情報を解明することです。これまでにも、多くの生物の遺伝情報が、解析されて来ました。現在、遺伝子の情報である、DNAの塩基配列は、コンピュータで、自動的に解読・解析できるようになりました。ヒトゲノムの解読も、ほぼ全て終了しました。しかし、ヒトの遺伝子の役割と病気などとの関係は、まだ道半ばです。

ゲノム解析

ゲノム解析の将来とは

現在、ヒトゲノムの情報を細かく調べることで、患者の体質や病気の特性に合致した診断・治療を行えるようにすることを目指しています。それができると、副作用が少なく、最も効率的に治療を行うことができるようになります。さらに、あらかじめ、ヒトゲノムの情報を調べておけば、病気の予防ができるようになります。

ゲノム解析の将来

ゲノム創薬とは

ゲノム創薬とは、ゲノムの解読・解析により、遺伝子やたんぱく質の膨大なデータが得られ、そこから、病気の診断や治療に利用できる情報を選び出して、画期的な新薬を開発することです。具体的には、ゲノムの情報のデータベースを活用して、遺伝子の作るたんぱく質や病気の原因となる遺伝子を調べて、そのたんぱく質に結合する分子や抗体から薬を作ることです。

ゲノム創薬

ゲノム創薬のメリット

ゲノム創薬は、患者の遺伝子の情報から、病気に関係する遺伝子を同定して、ターゲットを絞り込んで薬を開発するので、薬の開発期間を短くできます。現在、酵素や受容体などのたんぱく質に加えて、メッセンジャーRNAやDNAまでも、医薬品の対象となる為、3千〜1万種類の薬を作ることができると言われています。病気の特性や患者の遺伝情報を考慮して、薬を作るので、副作用が少なく、効果的な薬ができると期待されています。

メリット

くらんちサイト

このページでは、以下のサイトを「くらんち」しました。

「くらんち」は、「crunch(噛み砕く)」という意味です。

くらんちサイト

中外製薬:よくわかるバイオ・ゲノム

中外製薬:よくわかるバイオ・ゲノム

バイオ・ゲノムは私たちの身近な生活の中で役立っています。

今回、理科が得意な未来(みらい)ちゃんとロボットのゲノム君1号と一緒に、バイオとゲノムについて学んでいきましょう。

公式サイト

姉妹サイト

遺伝子の基本

遺伝子とは ゲノム・DNA・遺伝子の違い

ゲノム創薬の基本

ゲノム創薬とは ゲノム創薬の種類 ゲノム創薬の成功例・実用化 ゲノム創薬の将来 ゲノム編集

ゲノム創薬の実際

がん分子標的薬とは がん分子標的薬の一覧 がん免疫チェックポイント阻害薬とは 免疫チェックポイント阻害薬の治療費一覧 がん新薬の治療費の自己負担額

がんの治療薬

肺がんの分類と治療方針 肺がん治療薬一覧 肺がん新薬治療費一覧 胃がん新薬一覧 胃がん新薬の治療費一覧 乳がん新薬一覧 乳がん新薬の治療費一覧 大腸(結腸・直腸)がん新薬一覧 大腸(結腸・直腸)がん新薬の治療費一覧 肝細胞がん新薬一覧 肝細胞がん新薬の治療費一覧 膵臓がん新薬一覧 膵臓がん新薬の治療費一覧 悪性黒色腫の新薬一覧 悪性黒色腫の新薬の治療費一覧 前立腺がん新薬一覧

引用文献

  1. 中外製薬
  2. みんなのバイオ学園
  3. 日本株と投資信託のお役立ちノート
  4. テラのがん免疫療法情報ガイド
  5. CMLステーション
  6. 講談社ブルーバックス
  7. 中外製薬

免責事項・著作権表示

情報が古かったり、間違っていることなどによる損害の責任は負いかねますので、ご了承ください。

Copyright (C) SUZ45. All Rights Reserved.