1p
トップ > ゲノムとは > 【2023年】最新!がん分子標的薬の一覧(イレッサ、種類、肺がん)

【2023年】最新!がん分子標的薬の一覧(イレッサ、種類、肺がん)

はじめに

がんの治療薬には、「抗がん剤(細胞障害性抗がん薬)」「分子標的薬」「免疫チェックポイント阻害薬」の3種類があります。

このうち、「分子標的薬」は、がん遺伝子によって算出されるタンパク質などを標的として、その働きを抑えたり、がん周囲の環境を整える因子を標的にして、がん細胞が増殖しにくい環境を整える薬です。

近年、開発が盛んで、国内でも承認される薬剤が増えて来ています。

分子標的薬の一覧(肺がんの例)

分子標的薬は、遺伝子変異や融合遺伝子のある非小細胞肺がんに対して使用されます。変異部分を阻害することで、がん細胞の増殖を効率的に抑えます。

一般名 商品名 分類
先発医薬品 後発医薬品
分子標的薬 ベバシズマブ アバスチン 血管新生阻害薬
ラムシルマブ サイラムザ
ネシツムマブ ポートラーザ 抗EGFR抗体
ゲフィチニブ イレッサ ゲフィチニブ「DSEP」「JG」「NK」「サワイ」「サンド」「日医工」「ヤクルト」 EGFR阻害薬
エルロチニブ タルセバ
アファチニブ ジオトリフ
オシメルチニブ タグリッソ
ダコミチニブ ビジンプロ
クリゾチニブ ザーコリ ROS1/ALK阻害薬
アレクチニブ アレセンサ ALK阻害薬
セリチニブ ジカディア
ロルラチニブ ローブレナ
ダブラフェニブ タフィンラー BRAF阻害薬
トラメチニブ メキニスト MEK阻害薬
エヌトレクチニブ ロズリートレク ROS1/TRK阻害薬
出典:日本肺癌学会

分子標的薬の適応(肺がんの例)

分子標的薬の適応
出典:愛知県

姉妹サイト

遺伝子の基本

遺伝子とは ゲノム・DNA・遺伝子の違い

ゲノム創薬の基本

ゲノム創薬とは ゲノム創薬の種類 ゲノム創薬の成功例・実用化 ゲノム創薬の将来 ゲノム編集

ゲノム創薬の実際

がん分子標的薬とは がん分子標的薬の一覧 がん免疫チェックポイント阻害薬とは 免疫チェックポイント阻害薬の治療費一覧 がん新薬の治療費の自己負担額

がんの治療薬

肺がんの分類と治療方針 肺がん治療薬一覧 肺がん新薬治療費一覧 胃がん新薬一覧 胃がん新薬の治療費一覧 乳がん新薬一覧 乳がん新薬の治療費一覧 大腸(結腸・直腸)がん新薬一覧 大腸(結腸・直腸)がん新薬の治療費一覧 肝細胞がん新薬一覧 肝細胞がん新薬の治療費一覧 膵臓がん新薬一覧 膵臓がん新薬の治療費一覧 悪性黒色腫の新薬一覧 悪性黒色腫の新薬の治療費一覧 前立腺がん新薬一覧

参考サイト

免責事項・著作権表示

情報が古かったり、間違っていることなどによる損害の責任は負いかねますので、ご了承ください。

Copyright (C) SUZ45. All Rights Reserved.